コウノトリ市民研究所の活動に関する新しいお知らせや活動報告は、2015年4月1日より指定管理している豊岡市立コウノトリ文化館のホームページの中で行います。

豊岡市立コウノトリ文化館 Blog 新着

リンクバナー(88×31)
リンクバナー(234×60)
トップページに限りリンクフリーです。
URLはhttp://kounotori.org/でお願いします。
左のリンクバナーでよろしければ、どうぞ自由にお持ち帰りください。
当サイトに掲載した写真や文章の一切の無断転載を禁じます。
コウノトリ市民研究所へのお問い合わせは info@kounotori.org までご遠慮なくどうぞ
このホームページに関するお問い合わせは webmaster@kounotori.org までお願いします

■ 2017年度活動計画TOP
◆田んぼの学校

 コウノトリ市民研究所と豊岡市立コウノトリ文化館が共催して実施している公
 開行事です。研究員以外の方も参加できます。当日参加も可能です。

 毎月第3日曜日「田んぼの学校」を実施します。
 田んぼやその周辺で遊んだり、生き物調査をします。
 お昼は鍋をします。食べて解散。コウノトリ文化館に9時半集合。
 児童は参加費一人100円。傷害保険の関係上、登録必要(当日可能です)。

◎年間スケジュール・予定 (毎月第3日曜日)
 4月16日 タンポポなど春の草
 5月21日 春の田んぼ・オタマやタイコウチ
 6月18日 初夏の田んぼ・トンボやカエル
 7月16日 小川の生きもの探し
 8月20日 小川の生きもの探し
 9月17日 バッタ・イナゴ探し
10月15日 アカトンボ探し
11月19日 里山で落ち葉集め・など
12月17日 リースづくり
 1月21日 クラフト作成
 2月18日 冬の田んぼ里山で生きもの探し
 3月18日 アカガエル調査とビオトープ作業

*田んぼの学校は雨天でも中止はありません。
*昼は地元食材の鍋があります。

◆豊岡盆地の生き物調査

豊岡盆地の生き物調査を行事として実施します。
○タンポポ調査 
○ホタル調査 
○ゼフィルス調査
○カエル調査   
○ビオトープの生き物調査 
○豊岡盆地の野鳥調査
○夏休み特別企画  他
随時詳しい日程はニュースレターで連絡します。
夏休み期間中に行事を予定しています。

*コウノトリ市民研究所の行事は自己責任で対応願います。
 行事での事故等について市民研究所では責任がもてません。
 すべて参加者の自己責任でお願いします。

■ これまでの活動記録 (2005年度以降はBlogに掲載します)TOP
活動レポート
2004年度活動レポート
2003年度活動レポート
2002年度活動レポート
2001年度活動レポート
2000年度活動レポート

ニュースレター
2004年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
2003年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
2002年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
2001年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

■ 研究室TOP
昆虫・クモ研究室(上田主任研究員)

■ 市民研スペシャルTOP
プレゼンテーション資料
第6回「ザ・わかもの座談会」(2009/02/22@神戸) (2009/02/28)

ビオトープ関連
「ビオトープで餌食べた」朝日新聞但馬版記事(2002/12/04) [JPEG画像:460KB] (2002/12/04)
ビオトープ転作試験ほ調査報告書 [PDFファイル:145KB] (2002/10/21)
ビオトープ転作試験ほ中間報告 (2001/10/23)
豊岡盆地のホタル
豊岡盆地のホタル調査2005(オンラインレポート)
豊岡盆地のホタル調査2004(オンラインレポート)
豊岡盆地のホタル調査2003(オンラインレポート)
豊岡盆地のホタル調査2002(オンラインレポート)

豊岡盆地の野鳥
豊岡盆地の水辺の鳥 [PDFファイル:370KB] (2002/07/19)
但馬に「ツル」がいた
  毎日新聞但馬版連載、兵庫県立コウノトリの郷公園菊地直樹研究員の報告
  (毎日新聞豊岡支局 武井澄人記者担当)


食糧局レポート
2001年度食料班活動記録 (2002/04/05)

■ 旧コンテンツ書庫TOP
テーマ別研究室
ビオトープ観察日記
但馬の昆虫
但馬の植物
但馬のきのこ
但馬の野鳥
ながぐつ観察記
但丹のいきもの
食べよう・遊ぼう

掲示板
但馬の生き物ニュース
コウノトリみーつけた!
交流広場[BBS]
情報ライブラリ

■ コウノトリ市民研究所について (これまでの歩みは⇒こちらTOP
兵庫県豊岡市で行われているコウノトリ野生復帰プロジェクト。失われた野生を取り戻すための壮大な計画は、実は、人の生活そのものを見なおす環境ルネッサンスでもあります。
コウノトリというシンボルを掲げ、市民レベルで出来る自然観察を無理なく楽しくやろうというのが、この研究所の目的です。豊岡盆地の継続的な生き物調査を通して、めざすべき未来の姿が見えてくるのではないでしょうか。
コウノトリ市民研究所の主役は子供たちです。さあ、泥んこになって生き物を追いかけましょう。

【主な活動内容】

◆ビオトープづくり・調査
 ・休耕田ビオトープづくり
 ・ビオトープ転作試験ほの設置
 ・田んぼの学校
 ・ブラックバス駆除

◆豊岡盆地の生き物調査
 ・希少動植物調査
 ・タンポポ調査・ミズワラビ調査
 ・メダカ調査 ・ホタル調査
 ・水路、河川、湿地の生き物調査
 ・タガメ、ゲンゴロウ大捜索
 ・セミの抜け殻調査
 ・赤とんぼ調査
 ・野鳥調査  ・カエル調査
 ・ひのそ島探検隊
 ・ヒガンバナ調査など

◆ネイチャークラフト
 ・ツルカゴづくり
 ・ストーンペインティング
 ・生き物切り絵

◆自然を食べる会
 ・野草を食べる会
 ・野生動植物大鍋
 ・そば打ちなど  

◆里山林整備
 ・マツタケ山の復活
  ・キノコの種を植えよう

◆コウノピアの展示
 ・生態、標本、写真など

◆情報活動
 ・ホームページの運営
 ・メーリングリストの運営
 ・毎日新聞但馬版「ながぐつ観察記」
 ・読売新聞但丹版「但丹のいきもの」
コウノピアが活動拠点
コウノピア内の生態展示
タガメ・ゲンゴロウ大捜索
六方川の生き物調査
名物の大鍋
ツルカゴづくり
コウノトリ市民研究所は特定非営利活動法人(NPO法人)です。月例行事には、誰でもいつでも自由に参加できます。
研究員として継続的な活動を希望される方は、以下の年会費を頂いております。

   研究員(家族単位):1000円 (学生個人):500円
   主任研究員(総会議決権を持つ社員):1000円(ただし入会金10,000円)

お問い合わせは、コウノトリ市民研究所事務局までお願い致します。 E-mail:info@kounotori.org

コウノトリ文化館まで連絡いただいても結構です。

   〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺128番地 コウノトリ文化館(コウノピア)
         TEL:0796-23-7750
         FAX:0796-23-8005

行事へはなかなか参加できないが、活動の趣旨に賛同したいと言う方は、下記へ会費を振込みいただければ幸いです。 研究員として登録いたします。

       金融機関名:但馬信用金庫 本店
       口座番号 :普通口座 0666057
       口座名義人:特定非営利活動法人コウノトリ市民研究所 代表理事上田尚志

*行事での事故等について市民研究所では責任がもてません。すべて参加者の自己責任でお願いします。

コウノトリ市民研究所へのお問い合わせは info@kounotori.org
このホームページに関するお問い合わせは webmaster@kounotori.org