コウノトリ野鳥観察会 一覧

秋のキノコ観察会(実施報告)New!

kinoko191005-1

テーマ:秋の植物 ミズオオバコ、スブタなど
日時:2019年10月5日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:9人(お母さんと幼児3組、グループ1組)
講師:稲葉

晴天の中、良い観察会になりました。お母さん3人、3~5才の幼児4人、若い男女2人、という参加者。小さな子供さんが多かったので少し心配でしたが、山道も沢渡りも何とかこなし、子供の低い目線でキノコを見つけてくれました。この時期、タイミングが合えば、いろいろなキノコが爆発的に発生するのですが、残念ながら発生数は少なかったです。

以下特記事項として、
・ 大型キノコとして、「カラカサタケ」。カサのふわふわの感触に一同感動。
・ コケの間から発生している小さなキノコ「ヒメコガサ」が美しい。
・ 比較的レアと言える「サンコタケ」を発見。
・ いろいろなキノコの匂いを嗅いで、最初は臭いと言っていたが徐々にいい匂いだという子供も出てきた。
・ 粘菌類では、「ムラサキホコリ」の一種を確認。

3才を含む幼児4人も参加ということで、他の植物観察会には見られない参加者構成となりました。キノコということで、少しメルヘンチックなイメージがあるからかもしれません。本日は幼児でも行ける簡易ルートを散策しましたが、それでも少し厳しい場所もありました。でも、全員最後まで踏破でき、最奥場所の沢ではサワガニの観察もできました。また、途中でザトウムシ(おそらくモエギザトウムシ)も観察できた子もおり、有意義であったと思います。生き物に興味のある子が少しでも増えればと思います。

確認できたキノコ(ラフな分類、表記です。ざっくりした分類は「仲間」、種名に疑問の残るものは「?」をつけています。)

ヌメリツバタケモドキ、カラカサタケ、ヒメコガサ、ニガクリタケモドキ?、ベニタケ属の仲間2種、クヌギタケ属の仲間3種、ヒイロタケ、ハカワラタケ、シロカイメンタケ、ブドウタケ、ベッコウタケ、カワラタケ、ネンドタケ、サルノコシカケ科の仲間6種、サンコタケ、シロキクラゲ、アラゲキクラゲ、ハナビラダクリオキン?、
計26種以上(未同定種を含む)
その他:ムラサキホコリの一種(粘菌類)、モエギザトウムシ(クモガタ綱のザトウムシ目(Opiliones)に属する節足動物の一種)

kinoko191005-2 kinoko191005-3 kinoko191005-4 kinoko191005-5 kinoko191005-6 kinoko191005-7 kinoko191005-8 kinoko191005-9 kinoko191005-10
 


植物観察会9月度(実施報告)New!

shokubutu191922-1

テーマ:秋の植物 ミズオオバコ、スブタなど
日時:2019年9月22日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:3名

幸いなことに小雨となり傘を差しての観察会ができました。
菅村が3名のお客様をご案内しました。
目立つ花が少なくマニアックな会になりました。
まずは草刈りが徹底した斜面でシバ草原のでき方のお話をし、豊岡市内の小学校で行われている鳥取方式の運動場の芝生化(シバだけでなくシバのようなものが生えている芝生)のお話をしました。ここで見られたシバのような植物はシバ、ギョウギシバ、メヒシバ、コメヒシバでした。
そのあと、大学院の駐車場でカヤツリグサの観察をし、山際の水路を経てビオトープで観察をしました。

【観察した植物】
コナギ、ツユクサ、ミゾソバ、キツネノマゴ、ヤハズソウ、イボクサ、キクモ、ウスゲチョウジタデ、スブタ、ヤナギスブタ、ミズオオバコ、ゲンノショウコ、メドハギ、ヒメジソ、ウリクサ、コニシキソウ、オオニシキソウ、イヌノヒゲ、ダンドボロギク、ベニバナボロギク、コアカソ、エノキグサ、レモンエゴマ、コブナグサ、チカラシバ、ススキ、メヒシバ、シバ、ギョウギシバ、コメヒシバ、テンツキ、ヒンジガヤツリ、ヒメクグ、コゴメガヤツリ、カワラスガナ、コアゼガヤツリ、クグガヤツリ、ミズトラノオ
  
 


コウノトリ自然観察会9月度(実施報告)New!

sizenkansatu190908-1

テーマ:コウノトリとメダカ
日時:2019年9月8日(日)9:30〜12:00
天気:晴れ
参加者:9名
案内人:上田、武田

 今年の繁殖状況の解説の後、今日の観察範囲を確認。神奈川県からのお客様を含めて7名で出発。まず、野上の保護増殖センターで野生復帰の歴史を解説。電柱の上に1羽のコウノトリを確認。ここで、岡山県からのお客様4名と合流。赤石巣塔に向かう。途中、電柱の上に赤石巣塔の親と幼鳥と思われるコウノトリ5羽を確認。3羽の幼鳥が空高く飛ぶ姿が見られた。最後は戸島湿地。ここでは1羽のコウノトリの姿が見られた。
 稲刈あとの田んぼはコバネイナゴ、トノサマバッタの姿が見られ、ヌマガエルが切り株の間を跳ねている。

sizenkansatu190908-2 sizenkansatu190908-3 sizenkansatu190908-4


植物観察会8月度(実施報告)

shokubutu190825-3

テーマ:夏の植物 オモダカ、ヤブツルアズキなど
日時:2019年8月25日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:8名(講師:上田)

定例植物観察会。参加者8名。夏休みの自由研究に植物採集をしている小学生も参加してくれました。ツユクサ、ヒメムカシヨモギ、オオアレチノギク、オオニシキソウ、ヘクソカズラなど。ヤハズソウ、ヤブツルアズキ、ヨメナも咲き始めました。

shokubutu190825-1 shokubutu190825-2 shokubutu190825-4 shokubutu190825-5 shokubutu190825-6 


コウノトリ自然観察会8月度(実施報告)

sizenkansatu190811-5

テーマ:コウノトリとメダカ
日時:2019年8月11日(日)9:30〜12:00
天気:晴れ
参加者:4名(2家族)
案内人:北垣

豊岡盆地のコウノトリを観察しながら、その近くに棲んでいるメダカを観察しました。
文化館を出発して、三江地区~六方田んぼとコウノトリを探すのですが、中々見つかりません。この時期は田んぼの稲の背が高く伸びてきて、コウノトリを見つけるのも一苦労です。

途中、田んぼ際の水路で、メダカの生息環境はどんな場所かを見た後、「六方めだか公園」のビオトープでメダカを網ですくって観察しました。公園長の岡本氏から、メダカをはじめ公園内の生き物について説明をしていただきました。

六方めだか公園を後にして、出石川近くの田んぼで、ようやくコウノトリを発見。足環からして、この近くの森井巣塔のJ0130でした。

ご案内:
7月度、8月度、9月度のコウノトリ自然観察会および植物観察会は、暑さ対策のため午前中に実施いたします。9時30分~11時30分の予定で、参加者各自の車で市内の巣塔周辺を巡回観察します。参加希望の皆様は時間をお間違えきようお願いいたします。

sizenkansatu190811-1
田んぼ際の水路でメダカが泳ぐ姿を観察。

sizenkansatu190811-2
ここにはメダカがたくさん生息しています。

sizenkansatu190811-3
コウノトリはなかなか見つかりません。

sizenkansatu190811-4
六方めだか公園で、岡本氏より説明をしていただきました

sizenkansatu190811-6
豊岡盆地に生息するのはキタノメダカです。

sizenkansatu190811-7
ようやくコウノトリに出会えました。

sizenkansatu190811-8
森井巣塔の繁殖ペアJ0130メス3才

 


夏の昆虫採集(実施報告)

konchu190728-1

テーマ:夏の植物 ニワゼキショウ、ヒナギキョウなど
日時:2019年7月20日(土)9:30〜11:40
天気:晴れ
参加者:34名
講師:上田尚志

今日のメインはトンボ。川沿いの草地からスタート。ハグロトンボがまず子どもたちのターゲット。湿地に入るとシオカラトンボ、池につくとチョウトンボとショウジョウトンボ。ギンヤンマが1頭採れましたが、子どもたちのあこがれの的になっていました。日本最小のトンボ、ハッチョウトンボも観察でき、元気いっぱいの昆虫少年・少女たちでした。

konchu190728-2 konchu190728-3 konchu190728-4

菅村先生の植物観察会7月度(実施報告)

shokubutu190728-1

テーマ:夏の植物 ネジバナ、チチコグサの仲間など
日時:2019年7月28日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:6名+スタッフ2名

6名の方と文化館周辺、ビオトープなどを見て回りました。
9時30分スタートにもかかわらず気温は高く、汗まみれになりながらの観察会でした。
オオチドメ、ノチドメの見分け方、郷公園に最近入ってきたウラジロチチコグサの下部の葉の観察、サンカクイ、カンガレイの見分け方、シカの不嗜好植物が集中的に生えているところで、サンショウ、ワラビ、イワヒメワラビ、ベニバナボロギク、ダンドボロギク、レモンエゴマの観察、オトギリソウ、サワオトギリ、コケオトギリ、ヒメオトギリの見分け方、絶滅危惧種3種、サンショウモ、ミズオオバコ、スブタの観察などをしました。

オオチドメ、ノチドメ、チチコグサ、ウラジロチチコグサ、フジバカマ、サンカクイ、タコノアシ、マダイオウ、オトギリソウ、コウガイゼキショウ、カンガレイ、サンショウモ、ミズオオバコ、スブタ、ヤナギスブタ、エゴノキ、サルトリイバラ、サワオトギリ、ヒメオトギリ、ヒルムシロ、イ、イヌホタルイ、シカクイ、ヘクソカズラ、ミツバアケビ、アキノエノコログサを観察しました。

shokubutu190728-2 shokubutu190728-3 shokubutu190728-4 shokubutu190728-5 

夏のキノコ観察会(実施報告)

kinoko190720-5

テーマ:夏の植物 ニワゼキショウ、ヒナギキョウなど
日時:2019年7月20日(土)9:30〜11:40
天気:雨
参加者:6名
講師:稲葉一明

小雨が降るあいにくのお天気でしたが、かっぱを着てフィールドへ出ることにしました。結果オーライで、徐々に雨もおさまり、良い観察会になりました。お母さん二人、小学生二人、小学生未満一人、キノコにかなり詳しい男性一人という参加者。天候条件の良くない中で、小さな子供さんもいたので、少し心配でしたが、さすがにキノコ観察会行こうという参加者だけあって全く問題はありませんでした。子供たちは大人よりも目線が低いので、キノコをどんどん発見していきます。また、キノコ通の参加者は、講師よりも詳しいくらいで、私もいろいろと勉強になりました。以下に個人的感想、特記事項を列記します。
・ 確実に食べられるキノコとして、アラゲキクラゲが確保。
・ チチタケ系が数種類あり、乳状液の滲出に参加者感動。
・ 個人的に気になっていた2種のキノコについて、キイロアセタケ、ヒノキオチバタケと確信をもって同定。
・ 粘菌関係で、タマツノホコリを参加者へ紹介。
・ アシボソノボリリュウタケを初めて確認。

確認できたキノコ(ラフな分類、表記です。ざっくりした分類は「仲間」、種名に疑問の残るものは「?」をつけています。)

アシボソノボリリュウタケ、アラゲキクラゲ、ウツロイイグチ?、ウロコタケの仲間、エゴノキタケ?、カイガラタケ、カワリハツ?、キイロアセタケ、キツネタケ、クロハツ?、コウジタケ?、ザラエノハラタケ?、サルノコシカケ科未同定2種、シロカイメンタケ、スエヒロタケ、チチタケ、チチタケの仲間、ツノフノリタケ、ツノマタタケ、ツルタケ、ドクベニタケの仲間、ヌメリツバタケ、ハナオチバタケ、ヒイロタケ、ヒノキオチバタケ、
計26種以上(未同定種を含む)
その他(粘菌類)タマツノホコリ

kinoko190720-1
チチタケの仲間

kinoko190720-2
ツルタケの卵状の幼菌を割って観察

kinoko190720-3
粘菌類から、タマツノホコリを観察

kinoko190720-4
ツノフノリタケ

kinoko190720-6
ハナオチバタケ

kinoko190720-7 kinoko190720-8 kinoko190720-9 kinoko190720-10 kinoko190720-11 kinoko190720-12


菅村先生の植物観察会6月度(実施報告)

shokubutu190623-1

テーマ:夏の植物 ニワゼキショウ、ヒナギキョウなど
日時:2019年6月23日(日)13:00〜14:30
天気:曇り
参加者:7名+スタッフ2名

今月は花が少ないので、樹木を中心に観察会が行われました。
樹木は葉や木肌で見分けができます。
葉はつき方、切れ込みの様子、葉脈の出かたなど。木肌は凸凹している、筋があるなど。少し難しいですが見慣れてくると、見分けるポイントが分ってきます。ただ、ちょっとした違いなのでやっぱりちょっと難しい。何回も見て、比べてみましょう。
7,8月は日中の暑い時間を避けて観察時間を午前9時半~11時半に変更します。
 

shokubutu190623-2 shokubutu190623-3 shokubutu190623-4

コウノトリ自然観察会6月度(実施報告)

sizenkansatu190609-4

テーマ:巣立ちコウノトリと野山の鳥
日時:2019年6月9日(日)13:00〜15:30
天気:くもり
参加者:7名
案内人:高橋

5月度に巡回した巣塔を6月度も巡ってみました。一ヶ月経って各巣塔の繁殖状況がどのように変化したのかをチェックするのも、ひとつの目的としました。
祥雲寺(ヒナ3羽巣立ち済)→庄境(ヒナ3羽巣立ち済)→百合地(育雛1羽)→野上(育雛2羽)→赤石(孵化した模様)→戸島(育雛3羽)

巣塔周辺の野鳥も今回はたくさん観察できて、参加者の皆さんの関心をひいていました。特に、近くからカワセミが見られたのは良かったですね。

【今回確認した野鳥】
コウノトリ、ダイサギ、アオサギ、キジ、カルガモ、ヒバリ、スズメ、ツバメ、ハシブトガラス、サンショウクイ、キビタキ、カワセミ、オオヨシキリ、カワウ、ミサゴ

ご案内:
7月度、8月度、9月度のコウノトリ自然観察会および植物観察会は、暑さ対策のため午前中に実施いたします。9時30分~11時30分の予定で、参加者各自の車で市内の巣塔周辺を巡回観察します。参加希望の皆様は時間をお間違えきようお願いいたします。

sizenkansatu190609-1
庄境巣塔は空っぽで、最後に残っていたヒナ1羽も巣立った様子でした。近くの電線で親鳥と思われる1羽が止まっているのを観察し、少し離れた電柱に別のメスの59番が大きな巣を作っている様子もスコープで見ました。

sizenkansatu190609-2
百合地巣塔ではヒナ1羽が巣立ちの時期を迎えています。普通、この時期のヒナはしきりにジャンプを繰り返して巣立ちのタイミングを図るのですが、どうもここのヒナはその様子が見られず少し心配です。

sizenkansatu190609-3
百合地巣塔の親子。左がヒナ、右がお父さんです。

sizenkansatu190609-5
野上巣塔では2羽のヒナが順調に育っています。足環装着時の体重測定では2羽ともが2kg台と小さな個体で、1羽の足環が通常の金属リングでは大きすぎて、初期に使われていた樹脂リングを足首に装着したそうです。たまたま今回の参加者に郷公園の飼育員の方がいたので、コウノトリにまつわるエピソードをお聞きすることができました。

sizenkansatu190609-6
右はお父さん。小ぶりのヒナ2羽が寝ています。

sizenkansatu190609-7
野上のヒナの1羽、左足関節の上にリングが見えません。

sizenkansatu190609-8
赤石巣塔では1度目の繁殖に失敗し、2度目の抱卵が続いていました。

sizenkansatu190609-11
別の親が帰巣し、吐き戻した餌を食べ直しするのを確認しました。おそらく巣内に生まれたばかりのヒナがいるはずです。

sizenkansatu190609-9
ヒバリです。

sizenkansatu190609-10
ラッキーなことに、カワセミとスズメが一緒にいるところを全員が双眼鏡やスコープで観察することができました。このあと、カワセミは飛び出して水路の上でホバリングを見せてくれました。

sizenkansatu190609-13
最後は戸島湿地管理棟からの観察。

sizenkansatu190609-14
戸島巣棟では足環装着も終わった3羽のヒナが元気に育っています。

sizenkansatu190609-12
眼の前のヨシの穂先にオオヨシキリが止まりました。


1 2 3 4 7