コウノトリ野鳥観察会 一覧

コウノトリ自然観察会6月度(実施報告)New!

sizenkansatu190609-4

テーマ:巣立ちコウノトリと野山の鳥
日時:2019年6月9日(日)13:00〜15:30
天気:くもり
参加者:7名
案内人:高橋

5月度に巡回した巣塔を6月度も巡ってみました。一ヶ月経って各巣塔の繁殖状況がどのように変化したのかをチェックするのも、ひとつの目的としました。
祥雲寺(ヒナ3羽巣立ち済)→庄境(ヒナ3羽巣立ち済)→百合地(育雛1羽)→野上(育雛2羽)→赤石(孵化した模様)→戸島(育雛3羽)

巣塔周辺の野鳥も今回はたくさん観察できて、参加者の皆さんの関心をひいていました。特に、近くからカワセミが見られたのは良かったですね。

【今回確認した野鳥】
コウノトリ、ダイサギ、アオサギ、キジ、カルガモ、ヒバリ、スズメ、ツバメ、ハシブトガラス、サンショウクイ、キビタキ、カワセミ、オオヨシキリ、カワウ、ミサゴ

ご案内:
7月度、8月度、9月度のコウノトリ自然観察会および植物観察会は、暑さ対策のため午前中に実施いたします。9時30分~11時30分の予定で、参加者各自の車で市内の巣塔周辺を巡回観察します。参加希望の皆様は時間をお間違えきようお願いいたします。

sizenkansatu190609-1
庄境巣塔は空っぽで、最後に残っていたヒナ1羽も巣立った様子でした。近くの電線で親鳥と思われる1羽が止まっているのを観察し、少し離れた電柱に別のメスの59番が大きな巣を作っている様子もスコープで見ました。

sizenkansatu190609-2
百合地巣塔ではヒナ1羽が巣立ちの時期を迎えています。普通、この時期のヒナはしきりにジャンプを繰り返して巣立ちのタイミングを図るのですが、どうもここのヒナはその様子が見られず少し心配です。

sizenkansatu190609-3
百合地巣塔の親子。左がヒナ、右がお父さんです。

sizenkansatu190609-5
野上巣塔では2羽のヒナが順調に育っています。足環装着時の体重測定では2羽ともが2kg台と小さな個体で、1羽の足環が通常の金属リングでは大きすぎて、初期に使われていた樹脂リングを足首に装着したそうです。たまたま今回の参加者に郷公園の飼育員の方がいたので、コウノトリにまつわるエピソードをお聞きすることができました。

sizenkansatu190609-6
右はお父さん。小ぶりのヒナ2羽が寝ています。

sizenkansatu190609-7
野上のヒナの1羽、左足関節の上にリングが見えません。

sizenkansatu190609-8
赤石巣塔では1度目の繁殖に失敗し、2度目の抱卵が続いていました。

sizenkansatu190609-11
別の親が帰巣し、吐き戻した餌を食べ直しするのを確認しました。おそらく巣内に生まれたばかりのヒナがいるはずです。

sizenkansatu190609-9
ヒバリです。

sizenkansatu190609-10
ラッキーなことに、カワセミとスズメが一緒にいるところを全員が双眼鏡やスコープで観察することができました。このあと、カワセミは飛び出して水路の上でホバリングを見せてくれました。

sizenkansatu190609-13
最後は戸島湿地管理棟からの観察。

sizenkansatu190609-14
戸島巣棟では足環装着も終わった3羽のヒナが元気に育っています。

sizenkansatu190609-12
眼の前のヨシの穂先にオオヨシキリが止まりました。


菅村先生の植物観察会5月度(実施報告)New!

shokubutu190526-1

テーマ:春の植物 ニガナ、ハコベ、ヘビイチゴなど
日時:2019年5月26日(日)13:00〜14:30
天気:晴れ
参加者:6名+スタッフ2名

6名のお客様をスタッフ2名でご案内しました。
最初は駐車場でマンテマとシロバナマンテマを観察しました。「こんなのどこにあるの?」に「六方田んぼの中央の道の路肩はこれで埋まっています」と答えると驚かれていました。次にシロツメクサの受粉の話、チガヤと草刈頻度の関係の話をしました。最後にヌカススキを手に取って芒が2本あることを確認してもらいました。
園内に移動して、チチコグサ、チチコグサモドキ、ウラジロチチコグサを観察しました。
日差しが強くなり30度を超えたので早く終わりました。

観察した植物
マンテマ、シロバナマンテマ、チガヤ、シロツメクサ、ヌカススキ、ブタナ、ヒメジョオン、ハルジオン、キショウブ、キウリグサ、ニワゼキショウ、オオニワゼキショウ、ツボミオオバコ、ミツバアケビ、イタドリ、カモジグサ、スイバ、カラスノエンドウ、カスマグサ、スズメノエンドウ、ハハコグサ、チチコグサ、チチコグサモドキ、ウラジロチチコグサ、ニガナ、ヒナギキョウ、ウツギ

 

shokubutu190526-2 shokubutu190526-3 shokubutu190526-4 shokubutu190526-5 shokubutu190526-6


コウノトリ自然観察会5月度(実施報告)

sizenkansatu190512-4

テーマ:コウノトリのヒナと夏鳥
日時:2019年5月12日(日)13:00〜15:30
天気:晴れ
参加者:7名
案内人:高橋

5月のコウノトリ自然観察会は、1年の観察プログラムの中でも、もっともエキサイティングな観察会。繁殖巣塔を巡りながら、そこで育つヒナの様子を見てもらえます。好天に恵まれた今回の観察会には7名の参加がありました。中学校に進学した野鳥少年と昆虫少年の二人も久しぶりに参加してくれて、コウノトリそっちのけで野鳥や昆虫に夢中になっていました。頼もしい限りです。以下のコースで巡回観察しました。
祥雲寺(育雛3羽)→庄境(育雛3羽)→野上(育雛2羽)→赤石(抱卵)→戸島(育雛3羽)

sizenkansatu190512-1
祥雲寺巣塔は、新しく設置された山頂あずまやまで上って観察しました。

sizenkansatu190512-6
祥雲寺地区の水田には水が入りはじめ、田植えの準備が進んでいます。そんな田んぼを見ながらコウノトリのヒナが元気に育っています。

sizenkansatu190512-7
祥雲寺巣塔の3羽のヒナは足環の装着も終わり、ジャンプを繰り返しながら巣立ちのタイミングを図っている最中。

sizenkansatu190512-8
庄境巣塔でも3羽のヒナが元気に育っています。前日に足環装着が終わったばかり。グラウンドでは少年野球チームの練習が始まりました。そんな子供たちを見下ろしながら、庄境巣塔のヒナは育っています。

sizenkansatu190512-5
野上巣塔です。いつもどおり、コウノトリ保護増殖センターの駐車場から観察します。

sizenkansatu190512-9
野上巣塔では2羽の小さなヒナが見えました。とても愛くるしく、観察者から声があがりました。

sizenkansatu190512-2
赤石巣塔です。ここは最初の繁殖に失敗しています。途中でヒナが巣外に遺棄されましたが、どんな事情があったのかは想像の域を越えません。現在、二度目の抱卵を続けているところです。

sizenkansatu190512-10
抱卵中の親鳥。

sizenkansatu190512-11
赤石地区圃場は市内でも最も早く湛水された場所です。シラサギ類が多く見られました。写真はダイサギです。目先の緑色は婚姻色と呼ばれるこの時期だけに現れる特徴です。チュウサギは目先が黄色、コサギはピンクと、種により色が違うので識別がしやすいです。

sizenkansatu190512-12
戸島巣塔でも3羽のヒナが元気に育っています。親鳥が新しい巣材を運び込んだり、吐き戻し給餌をする様子も観察できました。

sizenkansatu190512-3
最後に管理棟でまとめをして現地解散しました。

【今回観察できた野鳥】(声だけも含む)
コウノトリ、ヤマガラ、メジロ、ツバメ、コシアカツバメ、スズメ、ハシボソガラス、キビタキ、サンショウクイ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イソヒヨドリ、ヒバリ、カルガモ


菅村先生の植物観察会4月度(実施報告)

shokubutu190428-1

テーマ:春の植物 タンポポ、スミレなど
日時:2019年4月28日(日)13:00〜15:00
天気:晴れ
参加者:15名+スタッフ2名

定例植物観察会、少し肌寒い中でしたが、いろいろな草花に出会えました。参加者は17名。コウノトリを見ながら、あぜ道を歩きました。スミレを5種類、カラスノエンドウやカスマグサ、サギゴケやオヘビイチゴが目立ちました。
草の名前や生態が分ると、自然がより身近に感じられるようになると思います。

 

shokubutu190428-2


コウノトリ自然観察会4月度(実施報告)

sizenkansatu190414-1

テーマ:コウノトリの営巣と春の渡り鳥
日時:2019年4月14日(日)13:00〜15:30
天気:雨
参加者:5名
スタッフ:高橋

2019年度最初のレギュラープログラムがスタートしました。前日の好天から下って、あいにくの雨模様の中の開催になりました。但馬エリアから5名の参加者があり、うち1名は生き物好きの保育園児。雨にもめげず、賑やかな観察会となりました。

祥雲寺(育雛)→庄境(育雛)→百合地(育雛)→野上(抱卵)→赤石(育雛)→戸島(抱卵)と順番に巣塔を巡りました。百合地巣塔では、巣を守っていたお父さんが、餌を運んできたお母さんと交代するタイミングを観察でき、顔を出したヒナの姿もみんなで確認することができました。

各巣塔でコウノトリにまつわるエピソードを紹介しながら、最後の戸島湿地では管理棟内で説明を受けたり、ビデオ学習をして知識を深めました。雨のせいで他の野鳥の観察はほとんどできませんでしたが、参加者の皆さんには楽しんでいただけたようでした。また次の観察会へのご参加もお待ちしております。

sizenkansatu190414-2
堤防下で採餌するお母さんコウノトリを観察。

sizenkansatu190414-3
お母さんは巣に戻り、ヒナに餌を与えます。お父さんが餌採りに出ていきました。

sizenkansatu190414-4
最後は戸島湿地で観察。


菅村先生の植物観察会3月度(実施報告)

shokubutu190324-1

テーマ:冬の植物 冬越しの葉(ロゼット)の観察
日時:2019年3月24日(日)13:00〜15:00
天気:晴れ
参加者:5名+スタッフ3名

30年度最後の観察会が終わりました。
5名の方々と3名のスタッフでコウノトリの郷公園前の水田に沿って歩きました。
 タネツケバナの仲間が3種類見られました。どれも4枚の花弁を持つこと、かじると少し辛子の味がすることなどをお話ししました。食べるとそれなりにおいしいとも伝えました。
 オオイヌノフグリは花を取って雄しべや雌しべの様子を観察しました。最近人気の「ハーブ王子」の本では花をトッピングに使うとありましたと伝えました。野草も新しい感覚で使われるようになってきています。
 タンポポは、葉のサラダ、根のきんぴら、花の天ぷら、さらにタンポポのお酒も紹介しました。
 今日は植物の見分け方よりも利用の話が多かったと思います。次回、来られた時にはどんな味だったかを教えてくださいねと伝えて終わりました。

 今日見た植物は、タネツケバナの仲間2種類、ハコベの仲間4種類、オランダミミナグサ、カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、スズメノヤリ、スズメノカタビラ、スギナ(ツクシ)、オオイヌノフグリ、スイバ、ギシギシ、ヨメナ、サギゴケ、セリ、タガラシ、ノジスミレ、ニホンカイタチツボスミレ、ショウジョウバカマ、アセビなど。

 4月からもこの場所で観察会を行います。
 皆さんのご要望がありましたらちょっとだけ外にも出てみたいと思います。

   shokubutu190324-2 shokubutu190324-3 shokubutu190324-4 shokubutu190324-5 shokubutu190324-6


菅村先生の植物観察会2月度(実施報告)

shokubutu190224-1

テーマ:冬の植物 冬越しの葉(ロゼット)の観察
日時:2019年3月24日(日)13:00〜15:00
天気:晴れ
参加者:15名+スタッフ2名

今回は菅村に代わって上田が案内しました。田んぼのあぜ道を歩きました。好天に恵まれて、春の花が咲き始めました。ロゼットや葉っぱだけの草が多くて、大変でした。。

開花していた植物:オオイヌノフグリ、オニノゲシ、オランダミミナグサ、スズメノカタビラ、タネツケバナの仲間、タンポポの仲間、コハコベ、ヒメオドリコソウ、ムラサキサギゴケ

葉っぱを見た植物:イヌガラシ、オオアレチノギク、オオバコ、オヘビイチゴ、カラシナ、カラスノエンドウ、ギシギシ、コメツブツメクサ、コモチマンネングサ、ジシバリ、シロツメクサ、スイバ、セイタカアワダチソウ、チチコグサ、チドメグサの仲間、トウバナ、ニガナ、ニワゼキショウ、ネジバナ、ハハコグサ、ヒガンバナ、ヒメムカシヨモギ、ブタナ、ヘビイチゴ

   shokubutu190224-2 shokubutu190224-3 shokubutu190224-4


コウノトリ自然観察会2月度(実施報告)

sizenkansatu190210-3

テーマ:コウノトリとカモ、コハクチョウ
日時:2019年2月10日(日)13:00〜15:10
天気:曇り
参加者:7名
スタッフ:高橋

朝は小雪混じりでしたが、午後からは雪や雨は降らずに観察会を実施できました。学習室で豊岡盆地周辺の野外コウノトリの繁殖状況、コハクチョウ・マガン・カモの説明を聞いてもらった後、室内から祥雲寺巣塔の繁殖ペアの様子を望遠鏡で観察しました。ここのところ頻繁に交尾行動を繰り返しており、産卵が近い様子です。

この後、参加者の車でフィールド観察に出ました。六方田んぼの堤防上から、流域に集まっているカモの識別をしてもらいました。マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモのレギュラーメンバーをチェック。鳴き声による識別も覚えてもらいました。

伊豆地区に移動。伊豆巣塔にいた繁殖ペアと、その下の堪水田に別のメス1羽がいるのを観察。同じ位置から、巣塔と反対側の堪水田にコハクチョウ9羽とマガン2羽を観察することができました。

最後に加陽湿地の様子を堤防の上から観察。北風が冷たかったですが、マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモの混群をチェックしました。

加陽水辺公園交流館で冷えた体を温め、まとめをして解散しました。今日の観察会は目的の鳥をしっかり見ることができ、良かったと思います。

sizenkansatu190210-1 sizenkansatu190210-2 sizenkansatu190210-4 sizenkansatu190210-5


菅村先生の植物観察会1月度(実施報告)

shokubutu190127-1

テーマ:冬の植物 冬芽の観察など
日時:2019年1月27日(日)13:00〜15:00
天気:曇り
参加者:8名+菅村

菅村が8名のお客様をご案内しました。
外は寒かったのですが雪が上がったので、常緑樹を求めて園内を散策しました。
文化館のすぐ横で植栽されたナンテン、ヤブツバキ、アカマツ、カクレミノを観察しました。アカマツの葉は柔らかくて痛くないことを体感してもらいました。
西公開ケージの近くでアセビ、スギ、モウソウチク、チャノキ、ソヨゴを観察しました。チャノキはシカにかじられていてよく分りませんでした。
東公開エリアに向かいシラカシ、クスノキ、ヒノキ、ヒサカキ、サザンカ、スダジイ、モミを観察しました。アカマツ、スギ、ヒノキ、モミは遠景でも分る樹形の違いを知ってもらいました。ヒノキは気孔帯のYの字を見てもらいました。クスノキでは、三叉脈の様子、葉をちぎったときの香りを体感してもらいました。
室内に帰り、あらかじめ園外から採ってきていたシロダモ、ヤブニッケイ、スダジイ、ヤブツバキ、サザンカ、チャノキなどを図鑑を使って分けてもらいました。クロマツの葉の硬さを体感してもらいました。
最後に図鑑を使って夏の間に作っておいたアラカシ、シラカシ、アカガシ、コナラ、ミズナラ、カシワ、アオナラガシワ、ブナの押し葉標本を見分けてもらいました。

shokubutu190127-2 shokubutu190127-3


コウノトリ自然観察会1月度(実施報告)

sizenkansatu190113-1

テーマ:コウノトリと里山の鳥
日時:2019年1月13日(日)13:00〜15:00
天気:晴れ
参加者:3名
スタッフ:高橋

1月度自然観察会の開催日は、例年だとまとまった積雪があるため、園内での観察プログラムを組んでいます。しかし、この冬はまったく雪がないばかりか、当日は気持ちのよい小春日和に恵まれたため、急きょ予定を変更して田んぼでの観察に切り替えました。 

参加者は少なかったかったですが、伊豆地区の堪水田で越冬中のコハクチョウ9羽をゆっくり観察できました。

sizenkansatu190113-2


1 2 3 4 6