活動2019 一覧

コウノトリ自然観察会12月度(実施報告)New!

sizenkansatu191208-2

テーマ:コウノトリと冬の猛禽類
日時:2019年12月8日(日)13:00〜15:15
天気:雨ときどき曇り
参加者:25名
案内人:高橋、赤松

 12月度の自然観察会は、県外からの参加者も含めて25名と大人数となりました。いつものとおり、学習室で予習をしてから各自の車で巡回スタート。11台という車列を目的地まで誘導するのに、事前の準備不足を感じることとなりました。信号で車列が途切れて路肩で後続を待ったり、一方通行の農道でUターンするのに手こずったり、次回以降の観察会実施に対して反省が残りました。

今回のテーマは猛禽類としましたが、多くの観察者の皆さんに、猛禽に限定しない観察サイトにご案内するようにしました。たくさんのご参加、ありがとうございました。

sizenkansatu191208-1
学習室の予習では、常設の椅子が足らずに、パイプ椅子を運び込みました。

sizenkansatu191208-3
コハクチョウ6羽の群れの採餌場所にご案内しました。コハクチョウの幼鳥3羽は識別が容易ですが、成鳥3羽のうち1羽は実はオオハクチョウであったことを、現地では説明し切れていませんでした。

sizenkansatu191208-4
2番目の観察ポイント、立野大橋東詰め。ここではカモの観察と、円山川湿地再生事業について説明しました。

sizenkansatu191208-5
3番目の観察ポイントは六方田んぼ。運よく、雨に濡れた羽根を乾かすハイタカを近い距離で観察することができました。

sizenkansatu191208-6
河谷地区の冬期堪水田には、たくさんのコウノトリやサギが集まっており、参加者の皆さんもこの風景をご覧になって喜んでおられました。

sizenkansatu191208-7
最後は出石川の加陽湿地の観察。ここでも、国交省による大規模な湿地再生のお話しをさせてもらい、ここで現地解散としました。


植物観察会11月度(実施報告)New!

77096699_2837585936262535_5558832826679296000_n[1]

テーマ:秋の植物 身近なシダ植物
日時:2019年11月24日(日)13:00~15:00
天気:曇り
参加者:9名

本日の植物観察会は9名のお客様を菅村がご案内しました。
幼児・児童とそのお父さんというこれまでにない参加者があり、いつもと違う会になりました。
子ども達二人は熱心に話を聞いてくれて、気に入ったシダがあれば手に持っていました。
まずは乾燥した場所のシダです。
シシガシラ、ハイホラゴケ、ゼンマイ、トウゴクシダ、ヤマイタチシダ、ウラジロを見ることができました。
次に遊歩道の入り口付近を覆いつくすほど生えているシカの不嗜好植物であるコバノイシカグマとイワヒメワラビを見ました。そこでベニシダも見つけました。
その次は、最もシダが集中的に生育している湿った場所に行きました。ホシダ、オオバノイノモトソウ、ヤブソテツ、ゲジゲジシダ、イノモトソウ、カニクサ、イノデ、タチシノブ、トラノオシダ、シケシダ、オクマワラビを見ました。
湿った場所を抜けて山すそでクラマゴケを、山を少し上がってジュウモンジシダ、ヒメイタチシダを見ました。
最後にワラビを見ました。全部で24種類のシダを見ることができました。
学習室に帰って復習をしました。
76705239_2837586252929170_9153762084549296128_n[1]


コウノトリ自然観察会11月度(実施報告)New!

sizenkansatu191110-1

テーマ:コウノトリと秋の渡り鳥
日時:2019年11月10日(日)13:00〜15:30
天気:晴れ
参加者:4名
案内人:高橋

今日は、少年3名を連れての、とてもフレッシュな観察会となりました。中学に進学した野鳥少年N君と昆虫博士Y君に加えて、地元小学5年のH君親子の初参加。

まず、立野橋東詰めの展望から、円山川の水鳥を観察。いつものカモの中に、マガン幼鳥2羽をN君がめざとく発見。コウノトリも次々に川に下りてきて、豊岡ならではの野鳥観察のスタートとなりました。

六方田んぼ百合地では電線に止まったミヤマガラスやノスリをチェック。新田小学校北の田んぼで、本日のお目当てであったタゲリの50羽ほどの群れを見つけることができ、みんなでじっくりと観察しました。ミューと鳴く声や、群飛を観察してもらいました。

伊豆地区でコウノトリの繁殖状況や冬期湛水田の話題にふれ、電柱のチョウゲンボウを見てから加陽湿地へ移動。ツグミをチェック。わんど内はヒドリガモがたくさん入っていました。カイツブリも何羽かいました。最後、加陽水辺公園交流館でまとめをして解散。

【本日観察した野鳥】27種
マガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、マガン2、コウノトリ、カワウ、
モズ、カシラダカ、カワラヒワ、ノスリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、スズメ、ヒバリ、ハクセキレイ、タゲリ50、チョウゲンボウ、トビ、オオムシクイ、ジョウビタキ♀、キジ♂、ツグミ、カイツブリ、オオタカ、ダイサギ

sizenkansatu191110-2 sizenkansatu191110-3
ミヤマガラス

sizenkansatu191110-4
タゲリ

sizenkansatu191110-5
チョウゲンボウ

sizenkansatu191110-6


植物観察会10月度(実施報告)

shokubutu191027-1

テーマ:秋の植物 秋の植物 ヨメナ、ノコンギクなど
日時:2019年10月27日(日)13:00~15:00
天気:晴れ
参加者:6名

6名の方を菅村がご案内しました。
ヒメジョオン、セイタカアワダチソウ、ブタナ、アメリカセンダングサ、イヌタデ、ヤノネグサ、ミゾソバ、ヒメジソ、オオチドメ、ヒメクグ、ニガナ、ヨメナ、ヤブツルアズキ、ススキ、チカラシバ、オギ、マコモ、ヘクソカズラ、ヤマノイモ、クロモジ、ケクロモジ、ガマズミ、コウヤボウキ、タウコギ、ミズオオバコ、コナギ、サンショウモ、ヌメリグサ、コバノミツバツツジ、ウリカエデ、キクモ、コカナダモ、サクラバハンノキ、ミズトラノオ、タコノアシを観察しました。

shokubutu191027-2


秋のキノコ観察会(実施報告)New!

kinoko191005-1

テーマ:秋の植物 ミズオオバコ、スブタなど
日時:2019年10月5日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:9人(お母さんと幼児3組、グループ1組)
講師:稲葉

晴天の中、良い観察会になりました。お母さん3人、3~5才の幼児4人、若い男女2人、という参加者。小さな子供さんが多かったので少し心配でしたが、山道も沢渡りも何とかこなし、子供の低い目線でキノコを見つけてくれました。この時期、タイミングが合えば、いろいろなキノコが爆発的に発生するのですが、残念ながら発生数は少なかったです。

以下特記事項として、
・ 大型キノコとして、「カラカサタケ」。カサのふわふわの感触に一同感動。
・ コケの間から発生している小さなキノコ「ヒメコガサ」が美しい。
・ 比較的レアと言える「サンコタケ」を発見。
・ いろいろなキノコの匂いを嗅いで、最初は臭いと言っていたが徐々にいい匂いだという子供も出てきた。
・ 粘菌類では、「ムラサキホコリ」の一種を確認。

3才を含む幼児4人も参加ということで、他の植物観察会には見られない参加者構成となりました。キノコということで、少しメルヘンチックなイメージがあるからかもしれません。本日は幼児でも行ける簡易ルートを散策しましたが、それでも少し厳しい場所もありました。でも、全員最後まで踏破でき、最奥場所の沢ではサワガニの観察もできました。また、途中でザトウムシ(おそらくモエギザトウムシ)も観察できた子もおり、有意義であったと思います。生き物に興味のある子が少しでも増えればと思います。

確認できたキノコ(ラフな分類、表記です。ざっくりした分類は「仲間」、種名に疑問の残るものは「?」をつけています。)

ヌメリツバタケモドキ、カラカサタケ、ヒメコガサ、ニガクリタケモドキ?、ベニタケ属の仲間2種、クヌギタケ属の仲間3種、ヒイロタケ、ハカワラタケ、シロカイメンタケ、ブドウタケ、ベッコウタケ、カワラタケ、ネンドタケ、サルノコシカケ科の仲間6種、サンコタケ、シロキクラゲ、アラゲキクラゲ、ハナビラダクリオキン?、
計26種以上(未同定種を含む)
その他:ムラサキホコリの一種(粘菌類)、モエギザトウムシ(クモガタ綱のザトウムシ目(Opiliones)に属する節足動物の一種)

kinoko191005-2 kinoko191005-3 kinoko191005-4 kinoko191005-5 kinoko191005-6 kinoko191005-7 kinoko191005-8 kinoko191005-9 kinoko191005-10
 


植物観察会9月度(実施報告)

shokubutu191922-1

テーマ:秋の植物 ミズオオバコ、スブタなど
日時:2019年9月22日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:3名

幸いなことに小雨となり傘を差しての観察会ができました。
菅村が3名のお客様をご案内しました。
目立つ花が少なくマニアックな会になりました。
まずは草刈りが徹底した斜面でシバ草原のでき方のお話をし、豊岡市内の小学校で行われている鳥取方式の運動場の芝生化(シバだけでなくシバのようなものが生えている芝生)のお話をしました。ここで見られたシバのような植物はシバ、ギョウギシバ、メヒシバ、コメヒシバでした。
そのあと、大学院の駐車場でカヤツリグサの観察をし、山際の水路を経てビオトープで観察をしました。

【観察した植物】
コナギ、ツユクサ、ミゾソバ、キツネノマゴ、ヤハズソウ、イボクサ、キクモ、ウスゲチョウジタデ、スブタ、ヤナギスブタ、ミズオオバコ、ゲンノショウコ、メドハギ、ヒメジソ、ウリクサ、コニシキソウ、オオニシキソウ、イヌノヒゲ、ダンドボロギク、ベニバナボロギク、コアカソ、エノキグサ、レモンエゴマ、コブナグサ、チカラシバ、ススキ、メヒシバ、シバ、ギョウギシバ、コメヒシバ、テンツキ、ヒンジガヤツリ、ヒメクグ、コゴメガヤツリ、カワラスガナ、コアゼガヤツリ、クグガヤツリ、ミズトラノオ
  
 


コウノトリ自然観察会9月度(実施報告)

sizenkansatu190908-1

テーマ:コウノトリとメダカ
日時:2019年9月8日(日)9:30〜12:00
天気:晴れ
参加者:9名
案内人:上田、武田

 今年の繁殖状況の解説の後、今日の観察範囲を確認。神奈川県からのお客様を含めて7名で出発。まず、野上の保護増殖センターで野生復帰の歴史を解説。電柱の上に1羽のコウノトリを確認。ここで、岡山県からのお客様4名と合流。赤石巣塔に向かう。途中、電柱の上に赤石巣塔の親と幼鳥と思われるコウノトリ5羽を確認。3羽の幼鳥が空高く飛ぶ姿が見られた。最後は戸島湿地。ここでは1羽のコウノトリの姿が見られた。
 稲刈あとの田んぼはコバネイナゴ、トノサマバッタの姿が見られ、ヌマガエルが切り株の間を跳ねている。

sizenkansatu190908-2 sizenkansatu190908-3 sizenkansatu190908-4


コウノトリふれ愛コンサート2019【実施報告】

fureai190825-2
開催日時:2019年8月25日(日)17:30〜19:00
来場者:150名
天気:晴れ

恒例の「コウノトリふれ愛コンサート」が、8月最後の日曜日の夕刻に開催されました。今年も150人の皆様にご参加頂き、準備したホール内の席がすべて埋まる盛況ぶりでした。

いつも通り、八代保育園の12名の園児による和太鼓の演奏で開幕。今年は「パプリカ」の演奏にのせて元気な太鼓をホール一杯に響かせてくれました。

メインステージは毬穂えりなさん、友麻亜里さんのレギュラーお二人に加えて、今年はOSK出身の大咲せり花さんに来て頂きました。またピアノ演奏は元岡衛さんが全曲担当されました。毎年このステージを楽しみに待っておられるファンも増えてきて、プロの素晴らしいボーカルや踊りのパフォーマンスを楽しみました。

fureai190825-1 fureai190825-5 fureai190825-7 fureai190825-8 fureai190825-9 fureai190825-11 fureai190825-12 fureai190825-14 fureai190825-16
fureai190825-20 fureai190825-21
fureai190825-23 fureai190825-24  fureai190825-32 fureai190825-35 fureai190825-36
アンコールの「島唄」で閉幕しました。素晴らしいステージをありがとうございました。
また来年もお会いできればいいですね。

【今回のセットリスト】
八代保育園園児の和太鼓演奏「パプリカ」
コーヒールンバ(毬穂、友麻、大咲)
ホールニューワールド(毬穂、友麻)
天使の誘惑(大咲)
Hero(毬穂)
少年時代(友麻)
亜麻色の髪の乙女(大咲、毬穂)
ルパン三世のテーマ(友麻)
夢がさめて(友麻、大咲)
輝きを信じて(大咲)
となりのトトロ(毬穂、友麻、大咲、八代保育園)
風(毬穂)
フォエバータカラヅカ(毬穂、友麻、大咲)

島唄(アンコール)
※Pf:元岡衛


植物観察会8月度(実施報告)

shokubutu190825-3

テーマ:夏の植物 オモダカ、ヤブツルアズキなど
日時:2019年8月25日(日)9:30~11:30
天気:晴れ
参加者:8名(講師:上田)

定例植物観察会。参加者8名。夏休みの自由研究に植物採集をしている小学生も参加してくれました。ツユクサ、ヒメムカシヨモギ、オオアレチノギク、オオニシキソウ、ヘクソカズラなど。ヤハズソウ、ヤブツルアズキ、ヨメナも咲き始めました。

shokubutu190825-1 shokubutu190825-2 shokubutu190825-4 shokubutu190825-5 shokubutu190825-6 


コウノトリ自然観察会8月度(実施報告)

sizenkansatu190811-5

テーマ:コウノトリとメダカ
日時:2019年8月11日(日)9:30〜12:00
天気:晴れ
参加者:4名(2家族)
案内人:北垣

豊岡盆地のコウノトリを観察しながら、その近くに棲んでいるメダカを観察しました。
文化館を出発して、三江地区~六方田んぼとコウノトリを探すのですが、中々見つかりません。この時期は田んぼの稲の背が高く伸びてきて、コウノトリを見つけるのも一苦労です。

途中、田んぼ際の水路で、メダカの生息環境はどんな場所かを見た後、「六方めだか公園」のビオトープでメダカを網ですくって観察しました。公園長の岡本氏から、メダカをはじめ公園内の生き物について説明をしていただきました。

六方めだか公園を後にして、出石川近くの田んぼで、ようやくコウノトリを発見。足環からして、この近くの森井巣塔のJ0130でした。

ご案内:
7月度、8月度、9月度のコウノトリ自然観察会および植物観察会は、暑さ対策のため午前中に実施いたします。9時30分~11時30分の予定で、参加者各自の車で市内の巣塔周辺を巡回観察します。参加希望の皆様は時間をお間違えきようお願いいたします。

sizenkansatu190811-1
田んぼ際の水路でメダカが泳ぐ姿を観察。

sizenkansatu190811-2
ここにはメダカがたくさん生息しています。

sizenkansatu190811-3
コウノトリはなかなか見つかりません。

sizenkansatu190811-4
六方めだか公園で、岡本氏より説明をしていただきました

sizenkansatu190811-6
豊岡盆地に生息するのはキタノメダカです。

sizenkansatu190811-7
ようやくコウノトリに出会えました。

sizenkansatu190811-8
森井巣塔の繁殖ペアJ0130メス3才

 


1 2 3