コウノトリ自然観察会1月度(実施報告)

テーマ:郷公園周辺のコウノトリと冬鳥
日時:2018年1月14日(日)13:00〜15:00
天気:曇り
参加者:11名(8組)
スタッフ:高橋、石垣、村田

新年最初の自然観察会は、積雪が予想される季節のため計画段階からコウノトリの郷公園内での徒歩による観察会としました。2歳の子ども連れのファミリーも参加していただき、賑やかな会になりました。学習室での事前学習のあと外に繰り出します。

sizenkansatu180114-1
玄関を出ると祥雲寺巣塔にペアのメスが戻っており、スコープや双眼鏡越しに観察しながら石垣さんの説明を聞きます。

sizenkansatu180114-2
東公開エリアに向かいながら、祥雲寺巣塔のコウノトリを間近で観察。

sizenkansatu180114-3
山側からはツグミ、シロハラ、ヒヨドリなどの姿や声。

sizenkansatu180114-8
祥雲寺集落の電柱にJ0021とエヒメが並んで止まっており、2羽が親子関係であることや、エヒメのエピソードなどを石垣さんが説明してくれました。

sizenkansatu180114-4
東公開エリアの観察サイトでは、元飼育員の石垣さんの経験などを交えて、飼育コウノトリの繁殖にまつわる興味深い話を聞きました。元の東公開ケージフェンスの上にカワセミが止まり、スコープ越しにみんなで観察しました。

sizenkansatu180114-5
折り返しで文化館に戻ります。途中、柿の実にツグミ、シロハラ、ヒヨドリが沢山寄って来ていました。

sizenkansatu180114-6
雪の足跡観察。これはキツネ。発情期に入ったキツネの足跡が、あちこちに続いていました。

sizenkansatu180114-7
東公開エリアはシカの足跡が目立ちました。

sizenkansatu180114-10
カシラダカ。

sizenkansatu180114-11
セグロセキレイ

【本日観察した野鳥】
コウノトリ、ヒヨドリ、ツグミ、シロハラ、ホオジロ、カシラダカ、ヤマガラ、カワウ、セグロセキレイ、モズ、カワセミ、クサシギ、ハシブトガラス(13種類)


コメントをどうぞ