コウノトリ自然観察会6月度(実施報告)New!

sizenkansatu200614-9

テーマ:巣立ちコウノトリと野山の鳥
日時:2020年6月14日(日)13:00〜15:30
天気:雨
参加者:6名(3組)

案内人:高橋、武田

sizenkansatu200614-13
コロナ禍の影響で、2020年度最初のコウノトリ自然観察会が6月度になりました。今回のテーマの巣立ちコウノトリにふさわしい観察スタートは、西公開ケージに水浴に来ていた祥雲寺巣塔から巣立ったJ0274オス。幼鳥と成鳥の外形の違いを、目の前で観察してもらえました。

sizenkansatu200614-1
いつも通り、三江小学校グランドにある庄境巣塔の観察から巡回開始。やんでいた雨がこの頃から再び降り出しました。

sizenkansatu200614-2
庄境巣塔の3羽のヒナのうち1羽は、つい2日前に巣立ったばかり。残る2羽も巣立ちのタイミングを待っています。

sizenkansatu200614-3
六方田んぼの百合地巣塔に移動。ここも巣立ち間際の3羽のヒナがいます。

sizenkansatu200614-4
雨が強くなってきて、ヒナ3羽のうち1羽は伏せているようで見えませんでした。

sizenkansatu200614-5
百合地に隣接する河谷地区の巣塔。村中の広場から間近に営巣の観察ができます。

sizenkansatu200614-6
まだ幼いヒナが2羽顔を出していました。河谷巣塔での初めての繁殖です。

sizenkansatu200614-7
神美地区の森尾地区に今年新設された巣塔でも、新しいペアが子育て中です。

sizenkansatu200614-8
森尾巣塔では2羽のヒナが育っています。

sizenkansatu200614-10
同じく神美地区の下鉢山地区の巣塔でも、初めての繁殖が始まりました。深い巣内で伏せていて、2羽いるヒナの姿は見えません。

sizenkansatu200614-11
出石の袴狭(はかざ)巣塔では足輪付けの終わった3羽のヒナがいます。ちょうど親鳥が戻ってきて給餌を行う場面を観察できました。

sizenkansatu200614-12
最後の観察は出石の水上(むながい)巣塔の2羽のヒナ。足輪を付けられたばかりで、巣立ちはもう少し先。

巣塔めぐりを終えたあと、加陽水辺公園交流館でまとめをして解散しました。雨が強くなって行くなかでの観察でしたが、たくさんのコウノトリの営巣状況を見ていただくことができました。


コメントをどうぞ