田んぼの学校20140119 里山観察(足跡や野鳥観察、雪遊び)


田んぼの学校20140119 里山観察(足跡や野鳥観察、雪遊び)
参加者約25人 曇り、雪
天候もあまり良くない中、3家族とスタッフ25人ほどで冬鳥観察をしました。
最初にコウノトリ文化館で、高橋主任研究員から、郷公園で見ることのできる冬鳥の勉強をしました。

雪も降るし寒くて、鳥はあまりいない、足跡も雪が現在進行形で降るので判別しにくく、子供達や年寄りには厳しい観察会となりました。
それでもコウノトリやカワウ、セキレイ類など観察できました。東公開の田んぼビオトープでは、比較的珍しいホオジロカモのメスもいました。

コウノトリも寒さに震えいていました。

早々に引き上げ、コウノトリ文化館で、今日見た鳥達の復習をしました。


先日コウノトリ文化館の解説員のTさんがワナで捕獲し、市民研スタッフがTさんの指導を受けながら解体したオスイノシシと地元野菜、久美浜の玉川酒造の酒かすで作った大鍋を食べました。


コメントをどうぞ