田んぼの学校10月

アカトンボ調査
参加者 12人
今日はいろいろな行事が重なって、12人になりました。しかし、それなりに良い調査ができました。
アカトンボが少なく、どうなるかと思いましたが、一人5匹のノルマを目指してがんばりました。

ビオトープより周辺の山際の木のまわりに多く見られました。ビオトープにはシオカラトンボがまだ残っていました。

人数が少ないので、種類わけが、正確にできたと思います。子どもたちはすぐに雄雌の区別や、ナツアカネとアキアカネの区別を覚えてしまいました。

調査結果
ナツアカネ♂8♀13計21  アキアカネ♂6♀9計15  キトンボ♂1 ネキトンボ(目撃1) シオカラトンボ♂1 ハグロトンボ♂1♀1計2  以上40個体
今年は10月に入ってもアカトンボの数が少なく、今回の調査でも少ないと予想していた。ナツアカネの捕獲数は例年とあまり変わらないので、今年のアカトンボの少ない原因はアキアカネにあるようだ。また、ノシメトンボがまったくいないのも気になる。

鍋にいれた魚。濃厚でおいしかった。


コメントをどうぞ