田んぼの学校2010.04.18 タンポポ探し、春の草を食べる


田んぼの学校2010.04.18 タンポポ探し、春の草を食べる
晴れ、参加者約50名
とても良いお天気で絶好の田んぼの学校日よりでした。
初めての参加の方が沢山。知人の紹介とか、市の広報を見てという方が多かったです。あと、熱心な常連さんも。

子供たちがすごく低年齢化してます。小学生よりも幼稚園、保育園、0才から3才ぐらいの幼児が多かったです。タンポポ調査は少し歩いて法花寺まで行くので、小さな子を連れたお母さんにはちょっときつかったと思います。
菅村副代表の解説で、野の花の話し、里山の話し、ビオトープの話し、休み休み在来タンポポの沢山ある法花寺を目指します。

シロバナタンポポ
シロバナタンポポ、ヨモギ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ウマノアシガタ、カンゾウ、オオアカウキクサ、いろんな植物を観察しながら歩きます。

クシバタンポポ
法花寺で、レモン色のヤマザトタンポポ、クシゲタンポポなどの在来タンポポを観察しました。

郷公園へ帰還して、イノシシとシカのつみれの大鍋と、ミツバ、ユキノシタ、カキ、タラノメ、コゴミ、これらの山菜と、シカ、イノシシのお肉の天ぷらを食べました。
偶然市長さんご夫婦も来られたので、天ぷらを試食してもらいました。

解散後も水路で生き物観察をする子もいました。
のんびりと良い観察会でした。


コメントをどうぞ