アカガエル調査続報

2月のアカガエル調査の続報です。


<卵塊数(一部追加)>
文化館の溝                   4
西の谷ビオトープ(文化館裏)     295
東の谷ビオト-プ(公開ゾーン)    262
東の谷展望台へのビオトープ    314(ヤマアカガエルの死体1)
東の谷観察サイト裏の池     150 (たくさんの卵塊が集合している)
西の谷と東の谷の中央のビオトープ   0
西の谷 299、東の谷 726  合計1025 となりました。

1卵塊に2000個としても、2000×1000=2000000 200万の小さなオタマジャクシが生まれるということですね。このオタマジャクシを資源に、多くの動物たちが生きていきます。

少し見にくいですが、この個体は目の後ろの線が曲がる。腹側に大きな斑点が多い、などの特徴からヤマアカガエルと判断しました。この個体がいたビオトープでは例年ヤマアカガエルの子ガエルが見られます。しかし、ほとんどの卵塊はニホンアカガエルのものと考えています。初期の卵塊を手ですくった時のまとまり感?、周辺での越冬個体にニホンアカガエルが多く見られること、オタマジャクシの段階で背中に斑点が出るものが多いこと、上陸したばかりの子ガエルにニホンアカガエルの方が多いこと、などが根拠です。


コメントをどうぞ