田んぼの学校2009.08.16 里山観察


参加者 30人 晴
お盆の日曜日でしたが、30人も集まりました。
みんな網を持参してやる気満々です。
最初に田んぼビオトープでトンボとかを観察。ウチワヤンマ、オオイトトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ウスバキトンボ、ショウジョウトンボ、キイトトンボ、ギンヤンマ、ムシヒキアブの仲間(シオヤアブ?)、トノサマガエル、カナヘビ、、、いろいろと観察して、山道へ、、
オニヤンマ、ツクツクボウシ、アブラゼミ、ニイニイゼミ・アブラゼミの抜け殻、、、、
シカの足跡、イノシシの足跡、、、、

サワガニ集め

沢にたどり着いて、サワガニ捕り、30匹以上捕れました。郷公園のサワガニは、地味な色です。
夏のキノコが結構生えていました。コツブタケ、ベニウスタケ、カワラタケ、シロイボガサタケ、コテングタケモドキ、ホウキタケの仲間、、、、、
オシロイタケだと思うのだが、沢山のキノコ虫がたむろしていました。キノコには幼虫がわんさかいました。

オシロイタケにキノコムシ
少し古いが、なかなか生けそうかキノコが生えていて、調べてみるとナラタケモドキでした。
熱心なお母さんと息子さんが沢山キノコを見つけてくれました。

ナラタケモドキ
市民研究所創設初期に、大体平成11年から14年ぐらいだと思うが、公開ゲージの上の尾根に、キノコの種を植えよう、マツタケ山再生、ということで、県民局や郷公園と一緒に、一般参加者とアカマツの苗を植えました。松くい虫にやられないようにと、兵庫元気松という耐性のある品種です。
それが結構大きく育っていました。
植樹の目的は、コウノトリが巣をかけるための赤松林が松くい虫にやられて少なくなってしまったが、それを再生するということ。もうひとつの目的は、マツタケが生えてくるように。河井主任研究員が一生懸命推奨して、マツタケはコウノトリを救えるかプロジェクトと呼ばれていました。当時は、誰も本当にコウノトリが豊岡の空を飛ぶとは思ってなかったころです。

育ちつつあるアカマツ。
なべは、シカ団子の味噌煮風でした。


コメントをどうぞ