ニホンヒキガエル(ヒキガエル科)


命がけの産卵行動
 
 但馬地方では、ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルが生息している。3月上旬、僕はある山間地でニホンヒキガエルの大規模な産卵地を発見した。それは、まるで図鑑の写真をそのまま切り取ったような、とにかくものすごい光景だった。
 標高約400mの山間に作られたコンクリートの小さな古い池。そこには、ヒキガエル独特の数珠状の卵塊が水面を埋め尽くす程に産み付けられていた。それだけでも大きな成果だったが、驚くべきは集まった成体の数だった。
 池の中では、幾つかの成体の群れがおしくらまんじゅうの状態になっている。オスはメスの背中に抱きつこうと必死な様子で、目の前に背中があれば、とにかくオスメス構わず飛びついている。抱きつかれたオスの方は迷惑そうにキュウキュウと鳴いて、「おいおい、俺はオスだ。何するんだ、離してくれ。」とこれまた必死だ。
 何とも滑稽な仕草に見えるが、いやいや彼らはこれでも命がけなのだ。それにしても、ここには一体何匹いるのだろうか?目視できる範囲で数えてみたら、何と百匹を超えているではないか!僕はそれから何時間も彼らの産卵行動を観察した。
 しばらくして、遠くからシャリ、シャリ、という落ち葉の音が聞こえてくるのに気付いた。その音は次第に近づいてくる。何とヒキガエルの足音だった。たくましい体格をしたその成体は、落ち葉のじゅうたんの上を、前足と後足をいっぱいに伸ばしながら力強く真っ直ぐに池を目指して歩いている。目の前のカメラも何のその、悠々と通り過ぎていくではないか。
 その個体は僕に背中を見せながら、池の中に飛び込んでいった。彼らはどうやって池の場所を知り、どこからやってくるのだろう?そんな単純で難解な疑問を僕は突きつけられた。
 それから4日後、そこにはもう彼らの姿は無く、ただ卵塊が幾重にもなって広がっているだけだった。彼らは一体どこに消えてしまったのだろう?彼らの不思議な生態に、僕はこれからも翻弄され続けるに違いない。
写真・文 NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員 竹田正義
(2007年5月26日掲載)
※本稿をもって毎日新聞但馬版「ながぐつ観察記」の連載を終了致しました。興味を持ってご愛読いただいた皆様、ありがとうございました。


コメントをどうぞ