蔓で工作

田んぼの学校で余った材料を使い籠を作成しました。最初から誰かに教わり完全なものを作るのではなく、適当に作ってみるというのが市民研のやり方です。会員の方で作ってみたい人がありましたら、文化館で作りましょう。
  
花瓶はヘクソカズラ。花はノリウツギ。今回このノリウツギが入手できたのが収穫だった。山に行くと毎年こんなのがあるのだろうか。
たまたま偶然見つけました。ノリウツギの花は初夏なので、そのまま木に残り、ドライフラワーのようになっているようだ。そういえばアジサイもそのまま残っていることがある。

アケビの一輪挿し。栄養ドリンクのビンがピッタリ入る。

これは、クズのバスケット。
かつては、様々なものを里山から供給していました。今もう一度それを取り戻すことは困難かも知れません。しかし、いろいろなものを作ってみることで、そういう文化があったのだということが実感できます。


コメントをどうぞ