竹田 正義 一覧

ニホンヒキガエル(ヒキガエル科)


命がけの産卵行動
 
 但馬地方では、ニホンヒキガエルとアズマヒキガエルが生息している。3月上旬、僕はある山間地でニホンヒキガエルの大規模な産卵地を発見した。それは、まるで図鑑の写真をそのまま切り取ったような、とにかくものすごい光景だった。
 標高約400mの山間に作られたコンクリートの小さな古い池。そこには、ヒキガエル独特の数珠状の卵塊が水面を埋め尽くす程に産み付けられていた。それだけでも大きな成果だったが、驚くべきは集まった成体の数だった。
 池の中では、幾つかの成体の群れがおしくらまんじゅうの状態になっている。オスはメスの背中に抱きつこうと必死な様子で、目の前に背中があれば、とにかくオスメス構わず飛びついている。抱きつかれたオスの方は迷惑そうにキュウキュウと鳴いて、「おいおい、俺はオスだ。何するんだ、離してくれ。」とこれまた必死だ。
 何とも滑稽な仕草に見えるが、いやいや彼らはこれでも命がけなのだ。それにしても、ここには一体何匹いるのだろうか?目視できる範囲で数えてみたら、何と百匹を超えているではないか!僕はそれから何時間も彼らの産卵行動を観察した。
 しばらくして、遠くからシャリ、シャリ、という落ち葉の音が聞こえてくるのに気付いた。その音は次第に近づいてくる。何とヒキガエルの足音だった。たくましい体格をしたその成体は、落ち葉のじゅうたんの上を、前足と後足をいっぱいに伸ばしながら力強く真っ直ぐに池を目指して歩いている。目の前のカメラも何のその、悠々と通り過ぎていくではないか。
 その個体は僕に背中を見せながら、池の中に飛び込んでいった。彼らはどうやって池の場所を知り、どこからやってくるのだろう?そんな単純で難解な疑問を僕は突きつけられた。
 それから4日後、そこにはもう彼らの姿は無く、ただ卵塊が幾重にもなって広がっているだけだった。彼らは一体どこに消えてしまったのだろう?彼らの不思議な生態に、僕はこれからも翻弄され続けるに違いない。
写真・文 NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員 竹田正義
(2007年5月26日掲載)
※本稿をもって毎日新聞但馬版「ながぐつ観察記」の連載を終了致しました。興味を持ってご愛読いただいた皆様、ありがとうございました。


ニホンアカガエル(アカガエル科)

命をかけた結晶

 今年も生きものたちが目覚める季節になってきた。
 まだ寒さが残る2月、僕はいつもよく行く田んぼに向かった。ニホンアカガエルの産卵状況を調べるためだ。このカエルはどの生きものよりも早く水辺にやってきて、里山の田んぼや水路の浅い水たまりに産卵する。卵塊はこぶし大くらいの球状をしていて、但馬の平地では、例年2月中旬から3月にかけて見ることができる。
 実はここには毎年この時期観察に来るものの、卵塊数をきちんと数えたことがなかった。僕は畦を歩いてその数を調べてみた。すると、何とそこには百を超える卵塊があったのだ。ここは冬でも湧水が流れ込む湿田地帯。僕は改めてその貴重さを再認識した。
 これらの卵は、おそらく数日前の暖かい雨の後にいっせいに産み出されたものだろう。また卵の発生状態から、暖冬のせいか、例年より約1ヶ月も早い1月中旬頃には産卵が始まっていたことも分かった。「もう春なの?」カエルたちはきっとそう言って目覚めたのだろう。
 その日から数日後、僕は播磨の湿地で驚くべき光景を目の当たりにすることになる。それは、春一番の暖かい雨が降った夜の出来事だった。
 「キョキョキョキョ…」。辺りは大合唱に包まれ、メスを待ち構えるオスが続々と姿を現し始めた。やがて、そこに1匹のメスが現れたのである。するとその瞬間に、約10匹ものオスがいっせいにメスの背中に飛び乗り始めたではないか。もみくちゃの状態は約1時間も続いた。1匹のメスをめぐるオスの攻防。結局このメスは産卵できずに草むらに消えていったが、初めて見るニホンアカガエルの思わぬ行動に、僕は興奮を抑えきれなかった。産卵は彼らにとってまさに命がけということを思い知らされたのである。
 但馬の湿田で見たたくさんの卵塊も、そんな彼らの命をかけた営みの結晶なのだ。たくさんの命を宿した卵のカプセルは、やがてオタマジャクシとなって田んぼを賑わす。次はどんな感動を僕たちに見せてくれるのだろう。
文と写真 NPO法人コウノトリ市民研究所 
主任研究員 竹田正義
(2007年3月11日掲載)


オオカマキリ(カマキリ科)

砂浜に見た命のリレー
 
 秋の日本海の砂浜。海浜植物の花で色鮮やかな季節とは対照的に、静けさに包まれ、荒波の音だけが辺りに響く。この頃、砂浜でよく見られる現象が、生きものの漂着である。陸や海から多種多様なものが波打ち際に運ばれ、夏とは違った情景を見せてくれる。
 昨年11月、僕は日本海の砂浜を歩いていた。その日もいろんなものが打ち上げられていた。日常の人工物に混じって、海藻や植物の種子が目立つ。僕は流木に腰掛け、水筒のお茶で少し休むことにした。曇天の空に時化た海。いつもの日本海の光景だった。やがて雲の切れ間から日が差し込んできたそのとき、僕は打ち上げられた1匹のオオカマキリを見つけた。
 陸上の生きものの漂着はそう珍しいことではない。この個体も、きっと産卵を終え力尽きた個体なのだろう。僕はカメラを向けた。と、その瞬間、前脚がわずかに動いた。生きている!かすかに前脚を構える姿は、迎える最期を静かに受け入れようとしているかのようだ。でも、僕の衝動はこれだけではなかった。何とおなかには無数のトビムシの仲間が集まり、まさにこの個体を食べている最中だったのだ。
 トビムシの仲間は砂浜に生息する小さな生きもので、漂着する海藻などを摂食する、いわゆる砂浜の分解者である。分解された有機物はやがて海浜植物の栄養源となっていく。生きながらにして、亡骸になるそのときまで命を営むカマキリ…。単なる自然の摂理や食物連鎖という言葉だけで説明できない強い衝動を、僕は覚えた。ひとつたりとて無駄な命はないということを、強く深く教えられたのだ。
 但馬の秋。生きものたちはやがて訪れる冬に備えて準備し、ある種はその営みを次代に受け継いでその短い命を終える。このカマキリも、きっと次の春には綺麗な花となって砂浜を彩るに違いない。
(2007年1月14日掲載)
NPO法人コウノトリ市民研究所 主任研究員 竹田正義


ナマズ(ナマズ科)

秋の日に見つけた寝顔

 長いひげににんまりとした大きな口が特徴のナマズ。円山川水系ではごく普通種で、支流河川の六方川では橋の上から悠々と泳ぐ姿を見ることができる。
 10月初め、僕は友人と六方川につながる水路で魚採集に興じていた。水路には田んぼからの用水が所々に流れ込んで溜りになっていて、そこにたくさんの魚の影が見える。早速網を入れてみると、いるいる!カマツカ、タモロコ、モツゴ…。網の中はすぐに何匹もの魚たちでごった返した。
 播磨から来た友人は、その魚の種類と数の多さに大はしゃぎだった。「こんなところ、なかなかないよ!」。僕たちはすっかり童心に帰っていた。
 バケツの中が魚でいっぱいになった頃、友人が指差した。「あ、ナマズ!」。澄んだ水の底に、体を少し斜めにした黒い巨体が見えた。ナマズは夜行性で、昼間は草陰などでじっと身を潜めていることが多い。このナマズも、きっと隙を見て足元を猛スピードで逃げていくに違いない…。ところが、目の前まで近寄っても動く気配を見せない。不思議に思った友人が網で体をちょっとつついてみた。すると、逃げるどころか、ますます体を斜めにして、ふわりとお腹の面まで見えそうではないか。
 それは僕が知っている力強いナマズの姿ではなかった。「おいおい!お前は本当にナマズなの?」。川面に暖かい日が差し込んでいる。あきれたことに、どうもお昼寝としか思えない。僕は水中からそっと寝顔を撮らせてもらった。
 なんて無防備な個体なのだろう。そういえば、同じようなトノサマガエルの群れを瀬戸内海の離島で見たことがある。これは全く僕の経験的感覚だが、その生きものがある地域で高次消費者であり天敵が少なければ、警戒心はやはりおのずと薄くなっていくのではないだろうか。別の言い方をすれば、人と生きものが程よい距離を保ち続けている、ということだろう。
 そんなことを思いながら、僕は但馬の自然の懐の深さを実感せずにはいられなかった。暖かい昼下がりの川の中。生きものたちとの時間はゆっくり流れていった。
2006年11月12日掲載
文と写真 竹田正義(NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員)


コウキヤガラ(カヤツリグサ科)

汽水域になびく宝物

 円山川の下流、日本海に程近いところに幾つかの湿地が点在している。そこは淡水と海水が混じり合う汽水域。降雨などの影響で常に塩分濃度が変化し、生きものにとっては厳しい環境だ。しかし、そこは特有の生きものたちの宝庫でもある。広大なヨシ原が広がり、ヒヌマイトトンボやイトヨが生息している。そして、そんな環境に生育する植物のひとつが、コウキヤガラである。
 僕が初めてコウキヤガラを見たのは今から数年前。円山川の河口近くに広がる、戸島というところの広大な湿田地帯だった。水と泥でひと続きになっている田んぼと田んぼの間に、一見ヨシ原を思わせるような緑が縦横いっぱいに広がっている。その緑のひとつひとつは腰の高さくらいの背丈で、茎の上部には小さな穂が密集してついている。風に揺られてなびく姿は、ちょうどひっくり返した線香花火のようにも見える。他のカヤツリグサ科の植物にはない初めて見る穂の形態だった。
 調べてみると、海岸付近の湿地に局所的に分布するコウキヤガラと分かった。本種は、県下では播磨地方と、ここ但馬でしか確認されていない。そんな貴重な植物が身近なところに群生していたことに僕は驚いた。それからというもの、本種に注視しながら円山川水系の河川や湿地を調べてみたが、ごく少数ながら見つかることがある程度で、大規模に群生しているところはその湿田以外になかった。
 汽水域にすむ動植物は、その特異な環境に適応し特化した生態的特徴を持っている。それは、河川などの純淡水にすむ動植物に比べて、微妙にバランスのとれた環境下でしか存続できないことを意味する。汽水域の湿地は、保護をより必要とする環境でもあるのだ。
 春、戸島の湿田では、ドジョウやナマズの稚魚がにぎわいを見せていた。コウキヤガラも一斉に新しい葉を出し始めた。僕は但馬の貴重な宝物を、もうひとつ見つけた。
文と写真 竹田正義(NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員)
※2006年9月10日掲載


オオコオイムシ(コオイムシ科)

戦略的な産卵行動

 水生昆虫の名前には、その種の特徴をうまくとらえたものが多い。オオコオイムシもそのよい例だ。メスがオスの背中に卵を産みつけ、オスが背中の子(卵)を背負うという、変わった習性をもつ。但馬地方では、田んぼや休耕田で比較的普通に見られる。
 それにしても、オスの背中にしか卵を産みつけないなんて、一体どんな意味があるのだろうか…。僕はその意味を探ろうと、背中に番号を書いたオオコオイムシを何匹か広い水槽に入れて、一連の産卵行動を観察してみることにした。するとそこには、オオコオイムシの驚くべき繁殖戦略が隠されていた!
 観察を始めてからしばらくすると、オスが懸命に体をユサユサと上下させて水面を揺らし始めた。これは、オスがメスを呼ぶときのサインだ。彼らの戦略はここからだった。僕の観察記録ノートは、この後一気に真っ黒になっていく。
 「3番オスと5番オスの周りに、2番メス、6番メス、7番メス、8番メスが集まる。3番オスが7番メスの上に乗り交尾。交尾後、7番メスは3番オスの背中に1個ずつ産卵。以後、3番オスと7番メスが交尾と産卵を繰り返す。一方、5番オスは、2番メス、6番メス、8番メスと相次いで交尾し、メスはそれぞれ5番オスに産卵。途中、6番メスとの交尾後、8番メスが割り込んで産卵することあり。」
 観察の結果、産卵の度にオスが何度もメスと交尾する行動(繰り返し交尾)や、交尾していないメスが割り込んで産卵する行動(割り込み産卵)が見られた。これらの行動の中に、彼らの種内競争が垣間見える。つまり、「繰り返し交尾」は自分の子孫を残すためのオスの精子競争、「割り込み産卵」はオスの背中をめぐるメスの競争、と考えることができるのだ。
 小さなオスの背中をめぐって展開される、オオコオイムシの戦略的な産卵行動。生きものの世界の奥深さと彼らのたくましい生きざまに、僕はただただ感服した。
(文と写真:NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員 竹田正義)
※2006年7月9日掲載


力強い「とのさん」

トノサマガエル(アカガエル科)

 トノサマガエルほど身近な生きものはいない。僕も幼少の頃、田んぼでよく追いかけていた。「とのさん見っけ!」。トノサマガエルのことを当時の子供たちは「とのさん」と呼んで、その大きな体と素早い動きに夢中になった。逃げないように両手でぎゅっと握る。そのときの力強い「とのさん」の感触を、今でもよく覚えている。
 田んぼに水が湛えられた5月、僕はトノサマガエルを撮影しようと田んぼに出かけた。畦を歩くと、ピョンピョンとカエルが跳ねる。でも、これはたいていアマガエルだ。トノサマガエルは跳ね方が違う。「ガサガサ、ピョーン、ドボン」だ。大きな跳躍で田んぼの中に飛び込むと、雲隠れの術のように泥から泥へと遠ざかってしまう。大きな体の割に警戒心が強く、なかなかフィルムに収まろうともしてくれないのだ。
 そこで、僕はある作戦を考えていた。鳴いて縄張りを持つオスなら、逃げてもまた同じ場所に戻ってくるかもしれない。僕はたくさんの鳴き声のするすぐそこまで行って、腰を据えた。彼らに持久戦を挑んだのだ。こうして彼らとの駆け引きが始まった…。
 彼らはドボンと水中に潜ったまま、なかなか浮上してこない。ところがしばらくすると、1匹また1匹と、水面からひょこっと顔だけ出して再び鳴き始めたのだ。作戦はあっさり功を奏した。シャッター音を重ねるごとに、彼らの鳴き声も次第に大きくなっていく。
 気が付けば、もう数え切れないくらいたくさんのトノサマガエルがいるではないか。僕はすっかり合唱の中に取り残されてしまった。「グルルル、ゲゲゲゲ…」目の前で懸命に鳴き続ける彼らの姿に、僕はかつての「とのさん」の力強さを覚えずにはいられなかった。
 出来上がった写真のトノサマガエルの大きな眼には、僕の姿が小さく映し出されていた。僕たち、カエルたちを取り巻く環境はそれぞれ変わってしまったけど、いつまでも変わらない昔の記憶がそこにあるような気がした。
(文と写真:NPO法人コウノトリ市民研究所主任研究員 竹田正義)
※2006年5月28日掲載


コガマ(ガマ科)

“偶然”の湿地に託す「種」

コガマ(ガマ科)
 多くの植物がまだ春を待っている冬の水辺で、ひときわ目立つ植物がある。
「蒲の穂」で知られるガマ科の植物だ。長い茎の先に綿菓子のような穂を付け、
風が吹く度に種子を飛ばす。僕は過去にこの植物と忘れられない出会いをした。
 数年前の夏、ある小さな湿地で蒲の穂を見た。穂は薄い黄緑色で、まだ出
来たばかりのようだ。8月にしては花期が遅い。一般的にガマの花期は初夏で、
この時期にはもう茶色を帯びているはずだ。それに全体的に少し背が低い。
 何か環境的要因が生育に影響しているのだろうか。というのも、生育状態が
良くないガマは小型になると聞いていたからだ。しばらくの間、それを単に小型
のガマとしか認識していなかった。
 しかしその後、付近の湿地で同じ特徴を示すガマ科の植物があちこちで見ら
れた。もしかして別の種類かもしれない。僕はそれぞれの生育地から花粉を採
取し調べてみることにした。図鑑などには「花粉が4個くっついているとガマ、
一つひとつ単体だとコガマ」とある。
 僕はそっと顕微鏡をのぞいてみた…。するとどうだろう、花粉は単体、つまり
それらはすべてコガマだった。円山川の中・下流域でコガマが小さな群落を形
成していたのだ。思わぬ発見に僕は興奮し、レンズの中を食い入るようにのぞ
き続けた。
 ガマ科の植物は、風の影響を受けやすい茎の高い所に穂を付け、冠毛のあ
る種子を大量に飛散させる。そして飛散した種子はさらに上空の気流に運ばれ
て遠い場所に移動できる。これは、種の存続を維持させる植物の知恵と工夫な
のだ。
 しかし、コガマの生育に適した河川敷や後背湿地は激減し、今や休耕田や放
棄水田といった、いわば偶然にも出現した湿地などでしか存続できない。しかも
そこは、植生遷移や人為的影響によってやがては生育に適さなくなることが多い。
 空に舞うコガマの種子は、果たして新しい生育地を見つけることができるのだろ
うか。彼らのしたたかな営みを前に、僕は祈るような気持ちで空を見上げた。
(文と写真: NPO法人コウノトリ市民研究所 主任研究員 竹田 正義)


オオアカウキクサ(アカウキクサ科)

水面に広がる赤いパズル

 ここは但馬北部の海岸に程近い湿田地帯。両側を山に挟まれたこの田んぼには、湧水が静かに流れ、曲がりくねった畦をあいまってさまざまな水面の造形を見せる。オオアカウキクサはそこで生育している。紅紫色に染まった枝状の体を寄せ合って、まるでジグソーパズルを組み合わせたように水面を敷き詰めている。
 この水草は、元々は水田雑草として全国各地に散在していた。ところが、農薬やほ場整備などの影響で激減の一途をたどり、現在ではこの地のように湧水が年中流れている湿地などでしか、その姿は見られなくなっている。ここでは、水田雑草もさることながら、生きものたちの姿や稲作と人との関係が、一昔前にタイムスリップしたかのようだ。
 数年前、僕は但馬のオオアカウキクサの分布状況について調べたことがある。すると、在来種よりも外来種の方が確認地点が多かった。これはアイガモ農法で用いられる外来種や、大陸から輸入された植物に付着して侵入してきた外来種が、付近の田んぼや川に流出した可能性が高い。この水草も、他の植物同様に外来種の侵入という問題に直面している。
 冬が近づき、久しぶりにこの地を訪れた。すると、かつて湧水を湛えていた田んぼ1枚1枚が、背の高い雑草に覆われているではないか。稲作を営むことの難しさを僕は目の当たりにした。しばらくすると、田んぼの中の僕に、地元の人が「こっち、こっち」と手招きする。庭にお邪魔すると、そこには、オオアカウキクサで満たされた壺が幾つか鎮座していた。
 「ここではこの植物は誇りですからね。これからも大事にしていきたいんです」
 僕は稲作という営みの中で築かれた、人と自然の関係を見たような気がした。
 冬、ここはオオアカウキクサの赤と雪の白が見事な情景を醸し出す。今年もその光景が楽しみで待ち遠しい。
(文と写真/NPO法人コウノトリ市民研究所 主任研究員 竹田正義)
※2005年12月4日掲載


生命の強さ教える足跡


 いよいよ花火の季節がやってきた。幼少のころ、僕は夜店でよく「銭亀すくい」
をした。何匹すくっても、もらえるのは1匹だけだったのを覚えている。
 この銭亀とは、大きさが約5センチまでの幼体に付けられた呼び名。かつて銭亀
といえばイシガメやクサガメだったりしたが、最近ではもっぱら外来種であるミド
リガメがその座に置き換わっている。そのためか、イシガメやクサガメを知って
いる子供は本当に少なくなった。
 かつての銭亀はどこに行ってしまったのだろうか。
 台風23号の水害から約半月後、僕は円山川近くの水田地帯にいた。生きもの
たちが生息していた水辺の状態が心配になったからだ。そこには、あふれ出た
雨水の猛威にさらされ、厚い泥に覆われた田んぼの姿があった。
 
 ふと見ると、泥の上にある足跡が無数に残されていた。それは、まっすぐ進ん
だと思えば、カーブしたり1回転したり・・・。僕にはそれが何の足跡なのか、だい
たいの確証があった。しかし、その姿を見ることがなかなかできない。
 あちこちの水辺を巡回し、さらに下流に向かったところでようやくその姿を見つ
けた。延々と続く足跡の正体は、実は大雨で上流から流されてきたイシガメだっ
たのだ。
 僕はさらに下流に向かい、とうとう砂浜まで来てしまった。しかし驚くことに、こ
こにもあの足跡があった。大小幾筋もの足跡が砂浜全体に伸び、その先にイシガ
メとクサガメの姿。これらの個体はいったん海まで流され、高波で砂浜に打ち上げ
られたのだ。僕はその生命力に驚愕し、彼らを賞賛したい気持ちになった。よく頑
張った!
 イシガメは6~8月にかけ、田んぼの畦や畑の土に穴を掘り、両手で数えられる
くらいの数の卵を産み落とす。地味ではあるが緻密で繊細な営みだ。
 あのカメたちは、新しい産卵地を見つけることができただろうか。
 (文と写真:NPO法人コウノトリ市民研究所・竹田正義)
 ※2005年7月10日掲載


1 2