↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




サンインネコノメ


自分のBlogにも情報を載せたが、こちらでも情報提供してこの植物の認知を広めようと思う。

写真は日高町阿瀬渓谷で撮影したサンインネコノメ。今までホクリクネコノメと認識していた種である。専門家の調査でホクリクネコノメの品種のひとつとして1995年にサンインネコノメの和名で新種登録された。
学名はChrysosplenium fauriae Franch f.ferruginiflorum Wakab.et H.Ohba、関宮町大久保のタイプ標本がここに収録されている。

写真で示すとおり、萼(がく)裂片の色が薄茶色であることが、この部分が薄緑色のホクリクネコノメとの識別ポイントとなる。サンインネコノメの分布がどこまで広がっているのか気になるところである。今後山を歩くことがあれば、湿地でサンインネコノメを探してみて欲しい。

サンインネコノメの命名だけど、但馬エリアで見つかった新種ということでタジマネコノメにして欲しかった。タジマとつく植物にタジマタムラソウというのがあるけど、タジマと付けばより親しみがわくではないか。

但馬は山陰地方の東端にはなるけど、山陰という意識が薄い。山陰というのは鳥取以西のことをイメージしてしまう。サンインネコノメが鳥取から島根にかけて広く分布していればサンインネコノメでOKだけど、但馬ローカルな種であるならばタジマネコノメの名がふさわしい。
| テーマ別フォトコラム::但馬の植物 | comments (4) | trackback (1) |
コメント
mtenさん、懐かしい記事へのコメントありがとうございます。

私は植物は専門外なのですが、ネコノメソウは形がおもしろくて興味があります。分類学のことはわかりませんが、生きものの名前というのは興味深いですね。
| 高橋 | EMAIL | URL | 11/05/16 20:53 | YOQm6hrA |
サンインネコノメソウと思われる種を見ました。
なんと福井県鯖江市の低山でした。
萼裂片の色が薄茶色で、オシベが萼裂片より長くなっています。
但馬は私の故郷なんでおっしゃるようにタジマネコノメとしてほしかったのは大賛成です。
でも福井県でも見られたのにはびっくりでした。
| mten | EMAIL | URL | 11/05/16 20:34 | IR8rESBo |
島根からの報告、ありがとうございました。サンインネコノメ、こちらでも山間部で咲き出しました。河原にはヤマネコノメソウが種を抱いています。

ネコノメ属はなかなか難しいですね。私は植物には詳しくないのでなおさらですが、すこしずつ覚えようと思います。
| 高橋 | EMAIL | URL | 08/04/08 21:26 | NmDFW7Go |
こんばんは!
はじめまして。検索してたどり着きました。
島根の中間山地に住んでおります。
昨年、ボタンネコノメソウと思っていたものが
「サンインネコノメ」とあるBBSで教えて頂きました。こちらには、ホクリクネコノメソウとサンインネコノメがあります。
特に、自宅の山の水の流れの側にはサンインネコノメがほとんどです。

ボタンネコノメソウは中国山地で見ました。
ご報告まで。
| かげろう | EMAIL | URL | 08/04/08 20:15 | cJDlJuXY |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kounotori.org/blog/stork_tb.php?22
トラックバック
サンインネコノメ


「たんたん山ある記」を読んだ植物に詳しい方から、阿瀬渓谷の記録にある「ホクリクネコノメ」は「サンインネコノメ」という新種の可能性があると連絡を頂いた。サンインネコノ
| TAJIMANIA Blog | 05/04/06 19:32 |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   04 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥