↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




田んぼの学校07.06.10


参加者約230名、子供150名
晴れ







コープ自然派約30名、中筋小学P約70名が加わり大人数になりました。
鍋のときはもっと多かったかもしれません。

ニホンアカガエルが上陸しているが、ヤマアカガエルのオタマジャクシがまだ多数いて、今年は気温がいまいち上がらない関係か、アカガエルの成長がおくれているようです。


脱皮直後のオオコオイムシ


クロゲンゴロウ


トビゲラの一種の幼虫。穴の中にいます。家ごと歩きます。


水アブの幼虫

モリアオガエルの卵がたくさん。ショウジョウトンボが出てきました。イシガメが出ません。クロゲンゴロウが多数。メダカ多数。
マツモムシにかまれて泣く子が一人出ました。たまにこんなことがあります。
天気がよく暑いので、水の中を走り回る子もたくさんいました。




観察風景




人数が多すぎて、荷物を運んでもらうとか、洗ってもらうとか、なかなか統制が取れません。
鍋の野菜は学Pの方にしてもらい、うまく行ったようです。


鍋に長蛇の列、自分のおわんを持ってきてくれた人がたくさんいて助かりました。


終了後に地元のIさんがジムグリを捕まえてきました。まだ幼蛇で美しい蛇です。



市松模様が美しい

終了後も川で遊んだり、たくさんの人がのんびりと過ごしていました。

5月の含めて、捕獲生物一覧などコメントお願いします。>上田さん






| 活動レポート::2007年度 | comments (1) | trackback (1) |
コメント
モリアオガエル卵、トノサマガエル、イモリ
メダカ、ドジョウ
クロゲンゴロウ、シマゲンゴロウ、マルガタゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ
ガムシ、ヒメガムシ、コガムシ、ゴマフガムシ
コオイムシ、タイコウチ、アメンボ、マツモムシ、コミズムシ
ヤゴ(トンボ型、イトトンボ型、ヤンマ型)
ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オオイトトンボ、モートンイトトンボ
スジブトハシリグモ、コモリグモ類
チスイビル
| 稲葉 | EMAIL | URL | 07/08/14 09:36 | glvoENNY |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kounotori.org/blog/stork_tb.php?215
トラックバック
トビケラの幼虫?
もう1か月前になると思うが、川(用水路)にオオカナダモ(アナカリス)とタニシを取
| えふ流 広く浅く | 07/09/26 22:59 |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥