↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




田んぼの学校 アカガエル調査 2009.03.08

田んぼの学校2009.03.08アカガエル調査

少し寒かったですがお天気もよく、田んぼの学校日和でした。

この時期参加者が少ないのではなかろうかと心配しましたが、子供たち16名と保護者、スタッフ、赤ん坊入れて30名の参加となりました。

公開ゲージ奥の休耕田ビオトープで、アカガエルの卵塊を分担してカウントし、その後、冬のビオトープにどんな生き物がいるかを調べました。

アカガエルの卵塊については、約500もカウントでき。一枚の田んぼに多いところでは200を超える数である。

ニホンアカガエルかヤマアカガエルか、どちらの卵塊かはよくわからないが、おそらく両方が混ざっていると思う。

アカガエルは基本的には一匹でひとつの卵塊を生むらしいので、この場所に500匹ぐらいのメスのアカガエルがいて、それと同等数以上のオスがいるということになろうか。

このカエル、田んぼの乾田化で各地で激減しているらしいが、コウノトリの郷豊岡では十分に健在である。


たくさんの卵塊


初期の卵塊 胚は丸い


熟した卵塊  胚が成長している。


卵塊から出てきたオタマジャクシ、自らの卵塊(ゼリー状の部分)を食べるらしい。このオタマジャクシを見て、あるお母さんが「ひじきみたい!」、なるほど、ひじきみたいだ。それを聞いたお子さんが、「ひじきたべたい!」って、素晴らしいリアクションであると思った。 




次に冬のビオトープの生き物たち、子供たちが網を入れて掬ってくる。暖かい時期のように田んぼの中にはだしで入っていって捕るわけではないので、それなりに数は少ないと考えられる。しかし、たくさん出た。


アカガエル卵塊、ドジョウ、メダカ、ミナミヌマエビ、カワニナ、
ヤンマ型ヤゴ(たぶんマルタンヤンマ)、イトトンボ型ヤゴ、トンボ型ヤゴ、
オオコオイムシ、ヒメゲンゴロウ、マルガタゲンゴロウ、クロゲンゴロウ、
マツモムシ、カゲロウ類の幼虫、ミズムシ、

10月に大量に捕れたギンヤンマのヤゴが出てこない。あぜ際にはいないのであろうか、、、

鍋は、地元野菜とエミューのお肉の入ったものでした。エミューは北海道産で、地元の特産でも何でもありませんが、食料担当の鳴海さんがどうしても珍しいものを食べたいということで、イレギュラーな食材になりましたが、、、、かなり硬かったですが、珍しいし好評でした。


あと、今日は、朝日新聞さんが取材にこられました。東京本社から田んぼの生き物調査とかの連載を春からするのだそうで、今の時期の取り組みを探したが、全国的に探してみてうちしか見当たらなかったそうです。子供たちの網の使い方が慣れていたので感心されておられました。3月下旬に記事になるそうです。


| 活動レポート::2008年度 | comments (1) | trackback (0) |
第6回「ザ・わかもの座談会」での発表
2009年2月22日(日)、兵庫県主催の第6回「ザ・わかもの座談会」に菅村副代表が参加し、活動内容の発表を行いました。

発表資料は第6回「ザ・わかもの座談会」発表資料で見ることができます。

メニューの「市民研スペシャル」からも辿れます。

| 活動レポート::2008年度 | comments (0) | trackback (0) |
田んぼの学校2009.02.08そばうち、食べる会

参加者、子供19人、保護者入れて30人、スタッフ入れて40人、と、結構な人数になりました。
エプロン持参の人も多く、みんなやる気満々?
お父さんの参加も3名ほどありました。

友田主任研究員の指導。
そば粉、団子の粉 (豊岡市中谷産)で、そばうちとお団子作り。
スズキ、カキ、白子の天ぷら、材料は日本海産。
そばの空揚げもしました。
団子には、あんこと、黄な粉と、はったい粉。これらは国産を購入。
残念ながら、中力粉と食用油は外国産穀物だと思うが、ねぎも含めてかなり国産自給率が高い。コウノトリのいる六方田んぼでできたそば粉と団子の粉。
そば粉2.5キロ、団子の粉1.5キロほど使いました。
量的には少し食べ切れませんでした。子供たち低学年が中心だったし。


みんな熱心に取り組み、おいしくできました。



相変わらず観光客の皆さんは、コウノトリの餌を作っているのかと聞く人がいました。
子供の餌だというと納得?、実はスタッフを含めた大人のが一番喜んでいた?。


| 活動レポート::2008年度 | comments (0) | trackback (0) |
10周年記念講演会終了


2009年2月21日(土)13時30分〜16時45分
じばさんTAJIMA 2Fホール

準備不足と宣伝不足で、人が集まるのかどうか心配していましたが、準備した椅子がほぼ埋まるほどの沢山の人に来て頂きました。おおよそ120人ほどの聴衆が、熱心に目と耳を傾けてくれました。たくさんのご来場、ありがとうございました。

いくつかの写真を掲載して、当日の様子をお伝えしておきます。詳細は、後日、当HPで報告を上げる予定にしております。



前半は市民研究所の10年を振り返り、4人の主任研究員がそれぞれの専門分野から研究報告を行いました。

上田代表からは、10年間の歩みについて冒頭に総括報告。



友田主任研究員:「豊岡盆地に暮す鳥」

水辺、田んぼ、山の野鳥たちを、たくさんの写真を使って紹介しました。



北垣主任研究員:「水路・小川にすむ魚」

いくつかの絶滅危惧種も、継続調査によって発見されました。



稲葉主任研究員:「モクズガニフクロムシの発見」

円山川中流域で捕獲したモクズガニに偶然見つけたフクロムシ、やがて大きな話題へと発展してゆきました。



菅村主任研究員:「豊岡盆地の植物〜絶滅種・新発見種〜」

今では消えてしまった植物、新たな発見種について報告。タンポポの分布についても貴重な調査報告がなされました。



15時からは、自然界の報道写真家・宮崎学さんによる「自然からのメッセージ〜人と自然のはざまから〜」と題した記念講演を、1時間半に渡り聴講しました。



日中は人で賑わう遊歩道で、悠然と行動するツキノワグマの親子。
子グマは擬木の上に乗って遊んでいます。



矢印はすべて熊棚。こんなにも大胆な熊の痕跡があっても、誰一人それに気づかないのが現状。



宮崎さんの講演を熱心に聴き入る会場のみなさん。



自然からのメッセージを写真で伝えるのが宮崎さんの仕事。地元で活動する人たちこそが、自ら自然からのメッセージに気づいて、それをヒントに人と自然のあり方を考えてゆくことが求められています。
※写真は、明石市のため池で活動するヌートリア

コウノトリ市民研究所10周年にふさわしい、すばらしい講演会となりました。
| 活動レポート::2008年度 | comments (0) | trackback (0) |
田んぼの学校 冬鳥調査 2009.01.11

冬鳥調査
晴れ時々雪
参加者約約20人(子供9人)
昨日から大雪注意報が出ていて、すっかり積雪。
しかし今日は朝から晴れ模様で、雪景色がとても美しい。


郷公園も早朝から除雪作業、今日はこんな天気だからほとんど参加者はないだろうと思っていたが、常連さんで子供が9人、参加者20人ほどの人数になった。


学習室で高橋主任研究員から、渡り鳥の通り道や、今日観察できそうな鳥についての説明。その後東公開の方まで鳥見。雪の中で鳥は発見しやすい。

確認できた鳥は別添のとおり14種類。カモ類は円山川のほうに行っているようで一羽もいなかった。
コウノトリはもちろん、ノスリを見ることができました。





お昼は豪華。カキの入った炊き込みご飯のおにぎり、タラの白子やマツバガニなどの大なべ。
とてもおいしかったですね。





| 活動レポート::2008年度 | comments (1) | trackback (0) |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   10 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥