↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




田んぼの学校アカガエル卵調査

田んぼの学校2008.03.09
晴れ 参加者約25名



日が陰るとまだ寒いが、お天気でぽかぽかとすっかり春という感じでした。

9時半になっても参加者のよりが悪く、常連が来なくてスタッフだけの調査になるかと思いましたが、結局25名ほどのよい人数になりました。

休耕田ビオトープで目合わせをしてから、祥雲寺、栄町の冬季湛水水田などを7班に分かれて調査。
今年は2月に雪が多く寒かったせいか、産卵が遅く、休耕田ビオトープなど山際に大量に卵塊があるが、ほ場整備田中央部では少ない。遅くなった産卵で、山から降りてきてすぐに産んだのでしょうか。
橋を渡ったところ、水路近く、山の近く、卵塊のある場所には傾向があるようです。いろいろな推察ができるのですが、科学的には証明なかなかできません。産卵を目で見てみたいですね。

データ的な面からコメントあればお願いします。>上田代表







大鍋はシカの肉団子汁、春めいて、温かく、観光客もたくさん。みんななべに興味津々、配りだすととまらない。たくさんの方に有害駆除で捕らえたシカをおいしく食べるということをお伝えしながら食べてもらいました。
今日の人たちはみんな筋がよかったです。おいしく喜んでいただきました。



*当初の予定では、2月にアカガエル卵調査、3月にそば打ちとしておりましたが、産卵状況等により2月にそば打ち、アカガエル調査を3月とさせていただきました。本日そば打ちがあると思ってきてくださった方、まことに申し訳ありませんでした。この場を借りてお詫び申し上げます。


| 活動レポート::2007年度 | comments (0) | trackback (0) |
ネーチャークラフト
籠編みの材料がなくなったので、今度はドングリや木切れで工作。来年度の田んぼの学校のクラフトでやってみようと思う。


これはアベマキの葉の蝶


これもアベマキ


これはカシワのドングリ。クズの蔓の胴体とマツボックリのスカート。
| 活動レポート::2007年度 | comments (0) | trackback (0) |
田んぼの2008.2.10学校食べる会

食べる会2008.2.10

天気くもり、霙
参加者25名

天候も悪い加減か、常連ばかりで子供が12名、親とスタッフ入れて25名ほどの参加でした。

メニューは、そば、団子、てんぷら。

そば粉は、中谷営農組合、団子の子は栃江の宮垣主任研究員持参のもの、てんぷらはコウノトリ朝市のヤーコンと、津居山のワカメ、一般野菜のたまねぎ、ごぼう、にんじんのかき揚げ。


そば粉は実は一昨年のものであったが、冷凍しているためまったく問題なくおいしかった。


団子には、市販(国産)のきな粉とつぶ餡。


てんぷらも岡崎さんたちが揚げてくれてとてもおいしくできました。てんぷらが入るとやはり豪華になるんですね。


ヤーコンとワカメ


野菜のかき揚げ


そば粉のから揚げもしました。
そばボーロの味になります。これもおいしい。


いつも思うのだが、食べる会は、果たしてお昼までに出来上がるのかと心配するが、作り始めると意外と早く出来上がる。
今日も11時過ぎにはぼちぼち食べられるようになった。

人数的にもちょうどよい加減で、みんなが自分で作ったという実感を持って食べることができました。
おいしかったです。



みんなでおいしくいただきました。


最後にそばと団子のそば湯?をいただきましたが、なかなかいけます。

食べ終わってから、子供たちは雪遊びをしました。
写真がなくて残念。


| 活動レポート::2007年度 | comments (0) | trackback (0) |
田んぼの学校冬鳥観察

田んぼの学校冬鳥調査2008.1.13

参加者約25人 曇り

悪天候で寒いので、あまり人が来ないのではないかと思ったが、スタッフ入れて25名ほどになり、ちょうどいい人数となった。
はじめに高橋主任研究員から冬季湛水水田の効果やコハクチョウ、マガンなどについて説明があり、車に分乗して移動。

南中の対岸の堤防へ。激特事業での国土交通省の河川改修の状況や自然再生の取り組みなどを菅村主任研究員より説明。



カモ類、カワウなどを観察。ネッシーのように川面を移動するヌートリアも発見。



次に河谷の冬季湛水水田で3羽のコハクチョウとマガンを観察。






雪、霙が降る中、非常に寒いので1時間ほどで帰還。

シカとイノシシの大なべ、カキの殻つき素焼、シーフードショウハイご飯を食べました。

FMジャングルの取材もありました。


| 活動レポート::2007年度 | comments (0) | trackback (0) |
田んぼの学校2007.12.09 木の実や蔓や木切れで工作

参加者 約30名
天気 雨

参加者の出足は悪かったが、10時前になると結局30名ほどになった。ちょうど良い人数です。
天気が悪かったので、あらためての外での材料集めはしませんでした。

いつも思うのですが、子供たちはきれいなもの、面白いものを作り上げていきます。













FMジャングル、あゆみんの取材もありました。お正月明けに放送されるらしい。




お昼は、大鍋というよりも煮物でした。味噌味ベースでイノシシ、シカ、ブリなどで大根をじっくり煮込んだもので大変おいしかったです。
実は市民研究所では8日の夜に夜間観察会をしていて、その関係もあり、大鍋にはいつも以上に時間が使われていたのです。
大量にあった大根も無事にほぼ食べつくしました。

| 活動レポート::2007年度 | comments (0) | trackback (0) |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   10 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥