↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




庭先レストランに集う鳥たち


我が家の庭に生ごみ処理機の残渣を巻いておいたら小鳥たちがやってくる。楽しいのでミカンやカキなども置いておいたら、もっと集まってくる。



シロハラという鳥がのさばりだして、独り占めしようと他の鳥を追い払うのであるが、一日中追い払うのは無理で、ちょっと用事で出かけたときなどに他の鳥たちが隙を見て食べに来る。この辺りは僕がさくらんぼを鳥から守るために追い払いをしても無理なのと同じである。






ヒヨドリ



メジロ



シロハラ



ジョウビタキ



ウグイス?、図鑑ではセンダイムシクイにも見えるけどこちらは夏鳥みたいだし、、、

| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
アカガエルの産卵
3月の1・2日の土日、ビオトープでアカガエルが産卵しました。先週はなかったので、まだ産卵したばかりのようです。





今年は、産卵が遅れています。気温が高かったわりには2月に雪が多く、アカガエルは産卵のタイミングを逃したのでしょうか。



カエルの成体を探して網で探ると、メダカがたくさん入りました。
| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
コハクチョウ

今年もコハクチョウが豊岡盆地で越冬している。
11月の上旬に飛来し、多くは中継地点として短期滞在で南か西へ飛んでいったが、3羽がそのまま滞在している。

今年で3年目だ。これは明らかにコウノトリ野生復帰プロジェクトの効果である。つまり、冬場の田んぼに水を張る冬季湛水水田が増えてきているからだ。

冬の豊岡盆地には稲の2番穂などのハクチョウの餌はたくさんあるのだけれど、安心してねぐらとできる浅くて広い水場がないので越冬しにくかったのであるが、冬季湛水で可能になったのである。
 わずかな羽数であるが3年連続ということは、今後も徐々に増えてくる可能性も高い。

 ハクチョウの越冬地とすることは、実はコウノトリ野生復帰プロジェクトの裏プロジェクトとしてコウノトリ市民研究所では位置づけている。
 そろそろ豊岡盆地は「ハクチョウの越冬地宣言」をしてもいいかもしれない。

 ちなみに、石川県、鳥取県はたくさん越冬している。ハクチョウはこれまで但馬を通過していたのだ。
 ハクチョウが定着すれば次はマガンやカリガネも期待できる。

写真は豊岡市河谷 12月2日

 鳥の関係の詳しい人のコメントがあればお願いします。
| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
アオウミウシ

アオウミウシ

もう夏も終わりになりましたね。

磯に行くといろんな生き物がいるけれど、ブルーがきれいな生き物はアオウミウシだと思うな。

別に珍しい生き物ではなく、但馬海岸にも普通にいます。ウミウシの中ではもっとも普通に見ることができると思うよ。

模様は個体ごとにいろいろなパターンがあるけれど、どれもきれいだよ。

鮮やかな青に白から黄色の模様が入っている。
頭のほうから赤い触角が2本出ていて、背中から赤と白の鰓が円形に並んでいる。

軟体動物、貝の仲間だよ。
人が少なくなった海に出かけて、磯を覗いてみよう。


海の生き物はカテゴリーがなかったので、ビオトープ観察日記に入れました。
海岸は豊岡盆地ではないから本来は市民研究所の活動範囲外かもしれません。
でも夏なので載せました。
| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
オオイトトンボ

野上の田んぼビオトープ、6月になるとオオイトトンボが目立ちます。

オスの少し白を混ぜたような青色がきれいです。

オスとメスがつながって、タンデムになって飛んでいます。
形がハート型になるときがあります。



アジアイトトンボはあぜの草むらによくいますが、オオイトトンボは水面の上や水面から出ている植物に止まっていることのほうが多いように思います。



トンボが水の中に入って行う潜水産卵も観察できます。




| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (x) | trackback (0) |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   09 - 2018   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥