↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




カワトンボ


コウノトリの郷公園にカワトンボが姿を見せはじめました。鮮やかな茶色の翅。ニホンカワトンボといわれる種類です。少し上流に行くと透明な翅をもつアサヒナカワトンボも現れます。カワトンボが終わるとハグロトンボが現れます。



ビオトープではシオヤトンボの産卵行動が見られます。シオカラトンボより少し小さなトンボです。
| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
クロベンケイガニ


クロベンケイガニ (十脚目 イワガニ科Chiromantes dehaani)

黒弁慶蟹



円山川の下流域の石積み、土手などにいる。石の隙間や土の穴に住んでいる。よく似た仲間にアカテガニもいるが、アカテガニよりは水に近い場所で生活している。



 陸上で生活するクロベンケイガニやアカテガニは、挟み脚の付け根にある給水口から水を体内に取り入れ、鰓で呼吸する。その水を口の上にある孔から出して、酸素に触れさせて、再び吸水口から体内に取り入れる。同じ水で繰り返し鰓呼吸するのだ。だから水分が不足してくると、水は粘りけを増して泡ふき状態になる。




雑食性で枯れ草やミミズなどいろいろなものを食べているようだ。
全体が黒っぽいが、大型になると挟み脚が青紫色になってくる。
 兵庫県レッドデータではCランクに記載されている。「特殊な環境に生息・生育する種、個体数の極めて少ない種、分布域の極限している種等県内において存続基盤が脆弱な種」ということである。円山川下流域でも、いるところには沢山見られるが、どこにでも普通には見られるということはない。

| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
ヌマエビとミゾレヌマエビ
水田のビオトープやその周辺で見つかるエビの殆どがミナミヌマエビですが、円山川の本流や下流域のワンドなどで調べると、よく似た別種のエビが見つかります。


これはミナミヌマエビで上から見たところ。


これはミゾレヌマエビです。角の先端と、胸の棘に特徴があり、見分けられます。小さな個体が混じっています。オスは小さいらしいのいでオスかも知れません。


ヌマエビがいました。初めてみました。見逃していたのかも知れません。これは眼の上の棘で見分けます。


この棘です。



| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
モリアオガエルの産卵


ビオトープではモリアオガエルが産卵を始めた。シュレーゲルアオガエルより少し遅れて産卵期に入る。中には地表近くの草の上に産卵しているものもいる。



最近、成体になかなか出会えない。以前は、卵塊のある木の幹をたどっていくと、すぐに見つかったのに。枝をゆすってみると、緑の物体が水面に落ちた。小さな木の実が落ちたように見えたが、近くで見ると、底の泥に半分埋まったカエルがいた。手にとって見ると、眠そうな目をしていた。



こちらはアマガエル。昼間から元気いっぱい。大きなペットボトルに入れてしばらく観察した。アマガエルはアオガエル科とは別のアマガエル科。姿は似ているが、別グループ。
| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
カエルの産卵
文化館の裏のビオトープでカエルの卵を見つけた。この時期だと、トノサマガエルかウシガエル。昨年トノサマガエルの実績があるので多分そうだと思うが、かなり発生が進んでいる。トノサマガエルの卵塊は、アカガエルほど見つからない。



ビオトープではニホンアカガエルのオタマジャクシが大きくなった。顔をアップしてみると、トノサマガエルとかなり似ている。




| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   05 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥