↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




センチコガネ


コウノトリ文化館の裏で作業中に、シカの糞の近くでセンチコガネが見つかりました。動物の糞を食べるコガネムシです。もう活動を始めているようです。



近くではタラが芽吹いています。おいしそうです。



今年度から、毎週火曜日の午前中を作業日とします。ビオトープの整備を中心にしますので、興味ある方は参加してください。



| テーマ別フォトコラム::但馬の昆虫 | comments (0) | trackback (0) |
ダイリフキバッタ


ダイリフキバッタ バッタ目バッタ科
(Callopodisma dairisama )
内裏蕗飛蝗




フキバッタというバッタの仲間がいる。特徴的なバッタである。翅(はね)が小さく退化しているため、飛び跳ねることは出来るが、飛翔力がない。つまり移動能力に乏しい。そのため各地域で分化が進んでいると考えられる。
多くのバッタ類の食草は単子葉(イネ科、グラス類など)であるが、フキバッタは双子葉植物である。つまりフキフキバッタの「フキ」は「蕗」が由来である。フキ以外の双子葉も多くが食草になっている。



今回報告する「ダイリフキバッタ」は、フキバッタ類の中でもユニークなものである。
長野県から岡山県に分布するようであるが、極めて局地的である。明るく開けた人為的な中規模攪乱環境に棲息する希少種である。他のフキバッタ類と比較し、陽当たりの良い場所を好む。成虫は夏季に見られる。一属一種。
人為的な中規模攪乱地域というのは、定期的に野焼きをするとか草刈を行うなど、人間の営みが生態系の一員として機能していた状態があって維持されるもので、残念ながら、人間の自然界の中での営みが極端に少なくなってしまった現在では、非常に稀な環境といえる。そのため、里山や里地、そこを中心に生活している生き物の多くが絶滅の危機に瀕している。ダイリフキバッタもそのひとつである。



但馬地域におけるフキバッタ類については、あまり調査がされておらずよく分かっていない。コウノトリ市民研究所の上田代表の所有する標本には、数点のダイリフキバッタが確認されているが、かなり以前のもので、現在でも棲息しているかははっきりしていなかった。この5月に、鳥取県立博物館の川上靖先生から、存在の可能性の高い地域を紹介いただく機会に恵まれ、その場所の詳細な調査したところ、あらためてダイリフキバッタの生息を確認した。

ダイリフキバッタは特徴的なので、同定は比較的簡単である。
成虫であれば、翅だけで簡単に同定できる。「背中側で翅が明確に離れている」。ダイリフキバッタの翅は、体の側面に小さく生えているだけで、背中側から見ると翅が明確に離れており、背中が丸出しである。兵庫県内においてこの特徴を持つものはダイリフキバッタだけである。



また、幼虫については、「背中に黒い筋が2本走る、というよりは黄緑色の1本の筋が走る」ということで見分けられる。これは非常に特徴的な色彩である。



ダイリフキバッタは、他のバッタに比べて飛翔力が乏しいので草むらの中では見つけにくい。しかし、一度見つける観察や撮影は容易である。あまり積極的に逃げようとせず、強く刺激しなければ、葉の裏に回り込んで隠れようとする程度である。



 余談であるが、和名の「ダイリフキバッタ」の由来は学名dairisamaから来ていると考えられる。学名はScudderという人が記載している。1895年 にScudderがどういう理由で「dairisama」と命名したかは分かっていない。川上先生によると、「本種は、日本固有種で、Scudderは、日本にいる種として記載しているので、天皇(=内裏様)を現地語の読みで命名した可能性は十分に考えられると思います。また、dairisama はラテン語の表記としてもおかしいので現地語の表記であると思われます。」とのことである。当時の日本を外国人から見た場合、天皇陛下の存在は非常に興味深いものであったろうし、あるいは雛人形などから内裏様を連想したかもしれない。ダイリフキバッタの特徴的外貌からこれらを連想させるものがあるのかもしれない。
いずれにせよダイリフキバッタは偉大である。少なくとも兵庫県RDBには記載すべき種であろう。大阪府や鳥取県では記載されている。

| テーマ別フォトコラム::但馬の昆虫 | comments (0) | trackback (0) |
トゲアリ

トゲアリ  ハチ目・アリ科・トゲアリ属
Polyrhachis lamellidens
棘蟻


森林内を歩いていると、木の幹が黒くなっている。よく見ると多数のアリの塊である。ミツバチの分蜂のようなものであろうか。







このアリを良く見てみると、胸部は褐色で大小4対8本の棘が生えている。調べてみるとトゲアリであった。


やや稀と記載されている資料があったので、次の週もわざわざ同じ場所に観察に行った。普段は注意していなかったアリであるが、このアリの特徴を覚えると、その辺の山でも良く見かけることが出来ることが分かった。


但馬では普通種だと思う。大型の山に棲むアリで、胸部の褐色と棘で簡単に見分けることが出来る。



背中の棘はかなりいかめしい。どんな役に立っているのか不明である。自分の体に刺さりそうで、その関係か腹部は常に下を向いている。
近くで観察しても人間には無関心なようで、今のところ噛まれたりしたことはない。


体長7〜8 mm。巣は朽木などに作られる。生態的にはクロオオアリ、ムネアカオオアリなどに一時的に寄生するのが特徴である。トゲアリの新女王アリが他のアリの巣に侵入し、そこの女王を殺して居座り、その巣にいる働きアリに自分の子どもを育てさせる。元からいたアリがやがて死滅すると、トゲアリ単独の巣となる。これを一時的社会寄生という。

| テーマ別フォトコラム::但馬の昆虫 | comments (0) | trackback (0) |
テントウムシの越冬


阿瀬渓谷を歩きました。今年は紅葉にはまだ少し早いようです。気温も上がり、小さな虫がたくさん飛んでいます。よく見るとテントウムシです。日当たりのよい大きなスギの表面に集まっているようです。今日はいいものを見たと思って歩いていると、今度は岩の表面に無数のテントウムシがいます。幅数メートルの岩肌に、すごい数です。どこからこんなに集まってきたのかと思うぐらいいます。テントウムシは、日当たりのよい岩の割れ目や樹皮の隙間などで越冬します。今日のような暖かい日は、越冬場所探しの大移動中なのかもしれません。



いろいろな模様のテントウムシが見られますが、すべてナミテントウのようです。ここで模様ごとにカウントしたら、数千レベルのいいデータになるのにと思いましたが先を急ぎました。



よく見るとカメノコテントウが混じっていました。カメノコテントウはクルミハムシの幼虫を食べるのので、オニグルミの多い阿瀬渓谷ではたくさんいてもおかしくありません。でも、こんなに簡単にたくさんのカメノコテントウを見たのは初めてです。

| テーマ別フォトコラム::但馬の昆虫 | comments (0) | trackback (0) |
オオイトトンボの潜水産卵

オオイトトンボの潜水産卵

オオイトトンボについては、2007-7-1に紹介しています。
http://www.kounotori.org/blog/index.php?c=1-15&page=2

ここで、「トンボが水の中に入って行う潜水産卵も観察できます。」と記載していますが、その後撮影に成功しているので紹介します。


オスとメスがつながって、水辺の植物につかまり産卵体制に入ります。
コウノトリの郷公園のビオトープ水田で観察することが出来ました。
徐々に後ずさりするように水中に入っていきます。どのくらい水中に入っていくかは、その時々によって違うようですが、このときはメスが完全に潜水し、しばらくするとオスまで完全に水没しました。なかなか出てくる気配がありません。

トンボは空を飛ぶので水中に潜るのは意外な感じもしますが、幼虫(ヤゴ)の時代は水中の生き物なので、そう考えると不思議でもなんでもない行動かもしれません。もともと水と切っても切れない縁なのです。

オオイトトンボは兵庫県レッドデータ2003では「Cランク 準絶滅危惧種」とされています。豊岡盆地では比較的観察しやすいイトトンボだと思います。

クロイトトンボの潜水産卵については、こちらで報告しているものが有りますので、ご参照ください。http://www.kounotori.org/blog/index.php?e=33
| テーマ別フォトコラム::但馬の昆虫 | comments (0) | trackback (0) |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   05 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥