↑タイトルをクリックするといつでもトップページに戻ります
4月から豊岡市立コウノトリ文化館の指定管理を開始しました
更新日:2015年04月10日 (Fri)


4月から豊岡市立コウノトリ文化館を指定管理します

2015年4月1日より、豊岡市立コウノトリ文化館はNPO法人コウノトリ市民研究所が指定管理することになりまし た。スタッフもすべて市民研究所の職員になります。業務内容は今までと基本的には変わりませんが、コウノトリの野生復帰を含め、人と自然が共生する地域づ くりに関する普及啓発、様々な訪問者への対応をおこないます。また、NPOの特長を活かし、設立当初の設置条例に従い博物館機能を強化します。

文化館内および周辺での環境学習・自然体験プログラム、市民対象の自然観察講座、市民研究発表会など、これまでにないアクティビティを提案しながら、いっしょに学び、いっしょに楽しんでゆきたいと思っています。

指定管理に合わせて、ホームページもまったく新しく生まれ変わりました。新鮮な情報をリアルタイムに発信してゆきますので、どうぞご期待ください。田んぼの学校の記録など、コウノトリ市民研究所のコンテンツの多くは、今後、コウノトリ文化館のホームページに掲載しますのでチェックして下さい。
豊岡市立コウノトリ文化館のホームページはこちら

豊岡市立コウノトリ文化館 館長
NPO法人コウノトリ市民研究所 代表理事 上田尚志




田んぼの学校2014年11月度
田んぼの学校2014年11月度「里山で落ち葉集めや薪作り」
実施日:2014年11月16日(日)
天気:晴
参加人数:35人(子供13人、大人12人、スタッフ10人)


朝は5℃まで冷え込んだ豊岡。鍋の火を囲みながら始まりを待ちます。


みんなで東公開エリアまで歩きます。途中、クマ注意の看板を見つけた子供たちは興味津々。


いつものアベマキの木の周辺でドングリを探しますが、今年は実がほとんど落ちていません。


すぐ横では、野生コウノトリのエヒメが警戒して巣を守っています。


落ち葉やドングリを拾いながら、東自然観察路を上がります。


展望所まで登りました。


眼下に祥雲寺地区の冬季堪水田が広がっています。


戻ってからは焼き芋づくり。


鍋はカニが入っています。


美味しい焼き芋ができました。
お昼には気温も上がって気持ちのよい秋の田んぼの学校でした。

| テーマ別フォトコラム | comments (0) | trackback (x) |
田んぼの学校2014年8月度
田んぼの学校2014年8月度「ビオトープの生き物調査」
実施日:2014年8月17日(日)
天気:雨
参加人数:70人(子供30人、大人30人、スタッフ10人)
※新田小学校2年の学Pの児童23名含む

夜半に激しい雷雨に見舞われ、警報の出る中での田んぼの学校開催でした。予定していた川遊びを中止し、西公開ビオトープの生き物調査に変更しました。


スマホで雨雲の動きをモニターしながらの行事進行です。結局最後まで、大降りに遭わずに済みました。


雨模様のビオトープですが、子供たちの元気な声が響きます。谷川は増水して早く流れています。


採集した生き物をみんなでチェックします。以下の20種類をチェックしました。
ヒル、ギンヤンマのヤゴ、イトトンボ型ヤゴ、トンボ型ヤゴ、ガムシ、ヒメガムシ、メダカ、ドジョウ、ミズカマキリ、タニシ、クロゲンゴロウ、シマゲンゴロウ、マルガタゲンゴロウ、ハイイロゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ、タイコウチ、ミナミヌマエビ、マツモムシ、コミズムシ、オオコオイムシ


早めの鍋は、地元野菜と猪肉。とてもよい出汁が出ていておいしかったです。
| テーマ別フォトコラム | comments (0) | trackback (x) |
アカガエルの卵塊初認

本日2月4日、コウノトリの郷公園内の西公開ビオトープにて、アカガエルの卵塊を確認しました。堪水田1枚に3つの卵塊がありました。


おそらく、休園日だった昨日2月3日に産卵したものと思われます。先週末は季節はずれの陽気が続いたので、気の早いアカガエルが産卵行動に至ったのでしょう。本日から真冬に逆戻りで、しばらくカエルもおとなしくしているでしょう。

| テーマ別フォトコラム::但馬の両生類・爬虫類 | comments (0) | trackback (x) |
カワトンボ


コウノトリの郷公園にカワトンボが姿を見せはじめました。鮮やかな茶色の翅。ニホンカワトンボといわれる種類です。少し上流に行くと透明な翅をもつアサヒナカワトンボも現れます。カワトンボが終わるとハグロトンボが現れます。



ビオトープではシオヤトンボの産卵行動が見られます。シオカラトンボより少し小さなトンボです。
| テーマ別フォトコラム::ビオトープ観察日記 | comments (0) | trackback (0) |
4月の山菜
今日は4月23日、山菜シーズン真っ只中である。
すでに平地では時期遅れもあるが、標高が高くなればまだまだこれから。

ほんの一部であるがざっと紹介する。

まずはウコギ科の御三家

コシアブラ


タカノツメ


タラ




どれも美味しい。

さっと茹でたコシアブラとタカノツメ、お好みのドレッシングでどうぞ。
右がタカノツメで、左の方がコシアブラ


焼きタラノメ、天ぷらもおいしいが、茹でや焼きの方が素材の味がストレートで美味しいと思う。


次は、コゴミ。ちょっと遅いが高地ならまだまだいける。


クレソン、外来種だが各地に定着。買うとバカみたいに高い。


添え物に使われるが、おひたしがとても美味しい。


クズの芽、から揚げが美味しい。毛はまったく気にならない。


ユキノシタ。その辺にあるところには大量にある。


ヨモギ、ヨモギもちはもちろん、味が強いので天ぷらでどうぞ。


サワオグルマ、ちょっと通なところで。これも天ぷらで。


他にも、カラスノエンドウ、アケビツル、カキの新葉、ミツバ、アサツキ、ノビル、、、、春は美味しいものがたくさんありますね。




| テーマ別フォトコラム::但馬の植物 | comments (0) | trackback (0) |

  
ご注意
コウノトリ市民研究所の活動に無関係なコメントやトラックバックが付いた場合は、予告無く削除することがあります
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   12 - 2017   >>
検索

書庫
コメント
トラックバック
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥